精霊流し

c0073649_163399.jpg図書館でふと目に付いて すっと手にとってしまいました。
NHKでだいぶ前にドラマ化されてたんですけど「さだまさしの自伝的小説」とわかっていたので
主人公のあまりの見た目のギャップに 途中で挫折しました。
主人公役?
坂口憲二ですっ! それはちゃうやろ~~でしょ?

中学生のとき、さだまさしの詩の世界に嵌りました。
※あくまでも「詩の世界」にです(笑)
「帰去来」「風見鶏」「夢供養」「印象派」…という漢字三文字のタイトルがついたアルバムに入っている曲が好きで
歳時記と書いてダイアリー、療養所と書いてサナトリウム…みたいな言葉遊び的なセンスに
万葉集(「まほろば」)や菅原道真(「飛梅」)などの古典引用あり、
推理小説仕立ての展開(「検察側の証人」「推理小説」)あり、
その他もろもろ、思春期の文学少女(のつもり)は多大な影響を受けました。

それから 彼の詩には、自分の身のまわりの人のことを描いた内容が多くて
「これは 誰のことなんだろう?」と興味がわくんですよね。
それをきちんと種明かししてくれるところが 彼のいいところ。
「セイ!ヤング!」というラジオのパーソナリティをしていた頃、
全国には「さだまさし研究会(通称 さだ研)」というのがあったそうです。
当時私が大学生だったら 入っていたかもしれない(笑)

そんなこんなで、ヒット曲「精霊流し」は海で死んだ従兄のこと、
「椎の実のママへ」はそのお母さん(さださんにとっては叔母さん)のことを歌っている
…などということは ぼんやりとわかっていました。
でも 彼の生い立ちや家族のことについては いろんなエピソードを断片的に捕らえていただけだったので
今回、この小説を読んでみて初めて、全部一本の線に繋がった感があり
喉の奥の詰まりがいっぺんに解消されて ものすごお~く すっきりしました。

長崎のお盆の行事「精霊流し」は 歌のイメージから わびしい寂しい灯篭流しを想像していました。
そういう人は多いと思います。
でも実際は、爆竹を派手に鳴らしながら ものすごく大きい船を遺族が担いで市内を練り歩くんだそうです。
そういえば グレープの「精霊流し」はイントロに爆竹の音が入っているし
♪ 精霊流しが華やかに始まるのです~
と歌詞にも入ってます。
故人が慕われていればいるほど 縁ある人の思いは船の大きさや装飾に込められているらしい。
小説では 叔母さんの船を流すエピソードが印象的でした。
「椎の実のママ」は ものすごくドラマチックな人生を送った人で
こういう人が近くにいたからこそ、まだ20代だったさだまさしがあんな壮大な詩の世界を展開できたんじゃないかな…と思うのです。
[PR]
by mayukw | 2010-02-04 17:02 | 本・コミック | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://mayukw.exblog.jp/tb/13654056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AMIN at 2010-02-05 08:30 x
おはようございます

「さだまさし」
反応してしてしまいますわ・・・

あの詩の世界に嵌った一人・・・
そうだね~~確かにあの頃 20代のさだまさし
未だに彼のファンの中で支持率1位が
「主人公」
『・・・自分の人生の中では誰もがみな主人公』
うんうんとうなずきながら
あの頃はLPのライナーノーツに線引きながら聞いたものです
(今じゃ眼鏡なしでは歌詞カードすら見えない・・・)

未だ・・・ファン続けてますよ~~
先日、彼の話しの中によく出てくるお父様が
昨年他界されたという記事がありました
また・・・さだまさしなりに物語が紡がれるんだろうなって思います
Commented by fumiQ@携帯 at 2010-02-05 08:57 x
おはようございます。
今朝も寒~いです。
庭には霜柱、車窓から富士山がくっきり見えました。
坂口憲二の下り、バカウケです(笑)
私もそう思ったので^^
Commented by みずき at 2010-02-05 10:27 x
mayuさんおはようございます。
さだまさしさん、好きでも嫌いでもないのですが、「精霊流し」と「無縁坂」は好きな曲です。「解夏」は本も読みました。ということは好きなのかな?話は面白いですよね。
余談ですが、奥様は丸映子さんと言って浜田の方でとってもきれいで、私の小学校の時の先生のお嬢さんです。
Commented by みなみ at 2010-02-05 14:22 x
私は何と言っても
「檸檬」の詩がすきなんです。
原民喜の「檸檬」を意識して書かれたっていうけど、、、、

モチロン音も好きで私のNo1です。
No2は「僕にまかせてください」かな!
ドラマの(何十年前?)主題歌だったんだよね...。


「防人のうた」なんかを聞くと
歌と語りの違いがちょっと意外です^^
Commented by ネイル at 2010-02-05 17:13 x
精霊流しを初めて見た人は 
歌と現実のギャップにみんな驚きますよね!(笑)
さださんは 歌もいいけど 
歌の間のトークも(^_^)v
Commented by mayukw at 2010-02-05 21:32
>AMINさん
たったいま 気がついたことがあるんです。
…実は AMINさんのHN、ずっと気になってたの。
まさか あの「待つわ」の「あみん」由来ではないだろうなと思ってたので(笑)

もしかして さださんの歌から?

私、「あみん」というユニット名を最初に聞いたときに
「パンプキンパイとシナモンティ」を思い浮かべたんです。
AMINさんが さださんのファンだと初めて聞いて
繋がったというか…なんというか…
そうだったら 何年越しのナゾ解きやろ(笑)
単に 名前が亜美さんだから やったりして…(汗)

さださんのお父さん お亡くなりになったんですね。
小説には 実名で出てきました。

Commented by mayukw at 2010-02-05 21:34
>fumiQさん
坂口憲二のドラマ、見てた?
いまはなき 銀河テレビ小説でした。
あれは ちゃうやろ~~やったよね?
Commented by mayukw at 2010-02-05 21:36
>みずきさん
あ、奥さん 石見の国の方なんですね。
さださんのお父さんのお郷が島根なんだそうですよ。
「案山子」という歌はご存知ですか?
つい最近の朝日新聞にも載ってたんですけど
この歌は 津和野がモデルなんじゃないか…ということです。
Commented by mayukw at 2010-02-05 21:55
>みなみさん
「檸檬」 わかるわかる!
梶井基次郎の小説じゃなかったのね…
「湯島聖堂」とか「聖橋」という地名、この歌で知ったなぁ。
どこにあるんやろ…と想像してました。(東京だよね?)

私、一番好きな曲ってなんやろなぁ…
なんでもないときにふと口について出てくるのは「雨やどり」だけど
詩が好きなのは 「検察側の証人」とか「飛梅」「魔法使いの弟子」
曲がすきなのは 「セロ弾きのゴーシュ」「主人公」「秋桜」
などなど…
あんまり最近の曲は知らないの(汗)
Commented by mayukw at 2010-02-05 21:58
>ネイルさん
ネイルさんは 精霊流し見たことあるのかな?
あるよね~きっと。
九州地方では ローカルニュースで毎年流れそうですね。

さださんのステージトークばっかりを集めたCD集が
新聞の広告によく載ってます。
いっぺん聞いてみたいなぁ~
落語ばっかりのCDもあるそうですよ。
Commented by みなみ at 2010-02-05 22:13 x
ごめ~~~ん!!!
↑原民喜、間違い! 梶井基次郎です。

どうして原民喜の名前が浮かんで、どうしてそれに疑問を持たなかったのかわかりませんT_T

最近こんな事がよく起こるんです。
許して~~~

知ったかぶりをして墓穴をほって恥ずかしい~~
Commented by fumiQ at 2010-02-05 22:22 x
こんばんは。

>坂口憲二のドラマ、見てた?
見てた、見てたよ~^^
一体誰が配役決めたの?って思った(爆)
これだけじゃなくて銀河小説はお気に入りで
よく見てたのよね。(前も話したかな?)
Commented by mayukw at 2010-02-05 23:20
>みなみさん
どんまい どんまい(笑)

…それより原民喜って なんの人だっけ?
原爆の歌…はちがいますか?←調べろよぉ?
Commented by mayukw at 2010-02-05 23:23
>fumiQさん
銀河テレビ小説は 私もOL時代の「晩御飯の友」でした(^_-)-☆
前にも書いたけど、タカラジェンヌの話や
藤山直美のシリーズ おもしろかったなぁ。

これが終わると ニュースセンター9時が始まり
松平さん こんばんは~という時代でしたわ。
Commented by みずき at 2010-02-06 09:26 x
おはようございます。
「案山子」は知っています。「お金はあるか」という言葉、本当に離れて暮らしている子供の心配はそれで、胸にせまりますね。
歌詞を見てきました。ほんと津和野ですね。風景が目に浮かびます。SLが走っているのも見ましたよ。最近は行っていませんので行ってみたくなりました。結構遠くて2時間くらいかかるかしら。
Commented by mituki at 2010-02-06 12:52 x
おくれましたが・・・
mayuさんにゆうてへんかった?

私、高校~20代・・・ファン倶楽部会員ですねん。
一人でよーコンサートにも通ってました。
フェスティバルホールにね。

さださんの歌詞でいろいろな言葉やら知りました。
最近はあまり聞くこともなくなりましたが・・・

レコードは今でもすべてあります。
Commented by 1go1ex at 2010-02-06 12:58
よけいなお世話ですが…。
原民喜って、広島出身で、被爆した詩人です。
広島の平和記念公演に今も彼の詩碑が建っているんじゃないかと思います。

 遠き日の石に刻み
 砂に影おち
 崩れ墜つ
 天地のまなか
 一輪の花の幻

高校生の頃、この詩がとても好きでした。
Commented by みなみ at 2010-02-06 20:06 x
1go1exさんありがとうございます。
原民喜を知ってくださっているんですね。

原民喜って「夏の花」って原爆後を淡々と綴った作品が有名な人で、
広島で生まれ、広島で育ち、被爆した父を持つ私としては、心のどこかに何時もあるひとなんです。

遠藤周作さんのエッセイの中にあった無垢なイメージと相まって、心の美しい人だったと私が勝手に決めているひとです^^。
Commented by mayukw at 2010-02-07 23:41
>みずきさん
萩は中学の修学旅行で行ったんですけど
津和野はまだ行ったことありません。
母が数年前に訪れて(SLも乗ってました)よかったらしいので
老後の楽しみ(笑)にとってあります。
Commented by mayukw at 2010-02-07 23:44
>mitukiさん
>ゆうてへんかった?
聞いてなかった…と思う。
知ってたら もっとツッコンで聞いてますがな!
↑この本読むまで いっぱいギモンがあったんやからぁ…

考えてみたら、mitukiさんが嫌いなわけないやん…の世界よね。
Commented by mayukw at 2010-02-07 23:45
>1go1exさん
ありがとうございます。
やっぱり 原爆関係の方でしたね。
長女が修学旅行の前に ご紹介いただいた詩を勉強していました。
Commented by mayukw at 2010-02-07 23:46
>みなみさん
私も 名前だけ知ってましたぁ~~(と アピール・笑)
Commented by kana2 at 2010-02-08 22:47 x
さだまさしの世界に浸っていた経験を持つ「元少女」です(笑)
高校時代は美術部と文芸部を掛け持ちしていたんだけど、文芸部で出す詩集の作品はものすごく影響を受けていたなぁ
まほろばという曲が大好き!
一度記事にもしています(2006年9月20日)

新潮文庫から出ている「さだまさし 時のほとりで」「さだまさし 旅のさなかに」って言う本を穴が開くほど読んでいました(ボロボロだけど今も持ってる)
詩とそれぞれの詞にまつわるエッセイなんだけど、いいのよねぇ~

精霊流し・・・私も見る気にならなかったわ
違いすぎるも甚だしい!

10日の夜10時直前に、携帯メール送りましょか?(笑)
Commented by mayukw at 2010-02-10 09:56
>kana2さん
意外に くいつきいいから びっくり(笑)
みんな 同世代なのね!
そして さだまさしに嵌った人はその後BHにも嵌る…と(爆)
「まほろば」記事読んできました。
>右手に国語辞典 左手に古語辞典(左右逆でも可)を持って
歌詞を理解し 噛みしめながら聴く
同感!
この詩は さださんが尊敬する詩人の宮崎康平さんが絶賛したそうですが、「聞き手がついてこないから これ以上難しい曲は書くな」忠告されたそうです。

今日、メールお願いします…(笑)
福女めざして がんばるわ!!


vocal&pianoユニットMère(メール)のピアノ弾き。 私のお気に入りをちょこちょこと書き綴る日記です。


by mayukw

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

最新のコメント

> あやさん はじめま..
by mayukw at 11:52
はじめまして>__
by あや at 21:56
>ゆうさん この記事は..
by mayukw at 00:32
イッツアスモールワールド..
by ゆう at 12:09
ホームステイの受け入れは..
by 1go1ex at 16:20

最新の記事

この1年の近況報告
at 2016-06-02 17:44
Mother's day
at 2016-05-08 20:50
リフォームのこだわり その②
at 2015-04-07 22:49
リフォームのこだわり その①
at 2015-03-28 00:47
旅立ち
at 2015-03-07 00:09

記事ランキング

カテゴリ

とっかかり
徒然草(日記)
おでかけ日記
ドラマ・映画
テレビ
ことば
音楽
絵本
本・コミック
舞台
おいしいもの
手作り
千の顔を持つ男
美日々であそぼ
美しき日々 年表
キャプテンが天職の男
掲示板
プロフィール
コメントデビューの方へ

タグ

(235)
(206)
(108)
(100)
(99)
(94)
(82)
(77)
(69)
(59)
(43)
(39)
(38)
(37)
(33)
(33)
(32)
(29)
(26)
(24)

以前の記事

2016年 06月
2016年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
more...

お気に入りブログ

ぐうたら主婦のつぶやき
**ぞっこん ビョンホン...
メルと歩けば
魅惑のパオ★パオルーム
asa92's bird...
和、輪、話
LUNAママのぷれしゃす
More Than Words
arbre*blog
一枚の し・...
putti's room...
京都西京区桂の雑貨店おや...
Florence*non...
Double*Mのフタリゴト
まりのシネマブックストーリー2
雑貨ハイジ堂
日々の散財
ウレシイ♪ タノシイ♪ ...
手作りぱんと雑貨のtec...
easygoing
かふぇ どま 悠々
ちくちく 高槻市天神町...
優子のつぼ
Happy HanaDay
Special Than...

link(エキサイト以外)

最新のトラックバック

往年の名作ドラマを201..
from dezire_photo &..
清洲会議
from たまりんの気ままなPC日記
【ネタバレあり】「エイト..
from 働く人々~シブトクつよく明る..

検索

ファン

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧