カテゴリ:音楽( 128 )

The Covers 第2回

c0073649_14374811.jpg
観ていただけましたか?
どうでしたか?
この人、ジャニーズじゃなかったでしょう?
どっかのバンドのヴォーカルかと思ったでしょう?

fumiQさん リアタイで見ながらのメッセージありがとう!
「すばるくんは ジャニーズでは別格ね」

そうね…別格…なのかな…
このオンエアを観て、私は彼がジャニーズ所属のアイドルだということはもちろん
関ジャニ∞のメンバーだということを すっかり忘れてました。
渋谷すばるというソロのシンガーだと思って見ていました。
この番組を偶然観ていた人のなかには
そんなふうに思った大人の視聴者もいたかもしれない。

私がこのブログで「関ジャニ∞というグループを気に入ってる」と書き始めて
4年半になります。
最初の頃はおそるおそる…という感じで(笑) これでも抑えて抑えて書いてました。
案の定、常連さんには
へぇ まゆさん 今度はアイドルにハマったのね
そんなに歌うまいの?今度気をつけて観てみるね
ごめんねー 誰が誰だか区別がつかないわ
というような反応しか帰ってこず(T_T)
それでも私は ここで訊かれてもいない彼らの音楽性の高さを
延々と語り続けていましたよね。

私がそんな地道な努力なんかしなくても(それも、こんな小規模な いちブログで・笑)
NHKさんがクオリティの高い音楽番組で たった1回でも
渋谷すばるの歌唱力を知らしめる機会を作ってくれた
たったそれだけで 何万人が納得してくれただろう?
あの、お笑い芸人と紙一重のイロモノアイドルグループに
こんな「歌える子」がいたなんて!?と。

いや、きっとその前に 昨年暮れの紅白で ものすごい影響力はあったはずよね。
みんなビックリしてくれたよね…きっと。
だから今回、こういう番組に呼んでもらえたんよね。
冠番組でのBOROの歌のカラオケも ちょっと呼び水になった…かな?

なかなか本題に行きません…相変わらず(笑)

リリーフランキーさんは番組冒頭で
「あらゆる飲み屋のお姉さんにモテている、色っぽい人」と言って すばるくんを紹介しました。
そんな人物評を最初にぶちかます、そこからして
すばるくんをアイドル扱いしていないところが とても嬉しかったです。
いろんな意味で「ジャニーズらしくない」「規格外」というレッテルを貼られている彼を
むしろ それが普通の30超えた男なんだよ と
俺たちとおんなじオッサンの一員なんだよ と
檻から出してくれたようでした。 
中高生にキャーキャー言われてるタレントの1人でしかないという大人の先入観を
まずは崩してくれました。

「常に音楽とまっすぐ向き合っている」というナレーションもよかった。
出不精で 家で音楽ばかり聴いている
アナログ(レコード)にハマっている
…こんな一面を紹介してくれたのもよかった。これもふつうのおっさんな感じ(笑)
レコーディング中やライブの前は 同じ曲を何回も何回も聴くことによって
この歌は何を訴えたいのか?ということを考えてしまい 悶々としている…とのこと。
彼がいつも言うところの「歌うことでしか 表現できない」ということの説得例でもありました。

カヴァー曲1曲目の「ラブ イズ オーヴァー」
あぁ…すばる、こんな歌い方もできるんや と思いました。
誰の、というわけではないけど モノマネしてるみたいだった。
間奏あとのサビが 本来の彼の歌い方で、その違いを比べてみるのもおもしろいです。
きっと最後の恋だと 思うから
この歌詞、響いたわぁ…

2曲目「スローバラード」
ハンパな人に歌ってもらいたくない、私のなかで大事な大事な曲。
これ、彼自身もプレッシャーあったんじゃないかな…
清志郎のファンというのは、ファンじゃなくてもリアルで聴いてきた人にとっては
清志郎を唯一無二だと思っている。
誰が歌ったって 清志郎には到底及ばないと思っている。
「雨上がりの夜空に」のようなみんなで歌える歌はいいとしても
「スローバラード」だけは ヘタクソなやつに歌わせてたまるか!と思っているはず。(私は思っている)
亡くなってしまって もはや伝説になっている人の曲をカヴァーするのって
プレッシャーだったろうなぁと思います。

c0073649_1558762.jpg
見事、でした。
この曲を選んでくれて ありがとう!と思いました。
自分で選んだのか、歌ってほしいと頼まれたのか…さだかではないけれど。
「歌われている歌詞の 情景が浮かぶ」と すばる本人も言っていたように
美しい日本語で書かれた歌詞を丁寧に 力強く歌ってくれました。
清志郎のマネではなく、自分の歌い方で。
清志郎が歌ってるのを聴いたことがない友人が「すばるの歌みたいやったわ」とメールをくれました。
もっと若いブロガーさんも同じことを書いていました。
リリーさんも「他人の歌を歌ってる気がしない」と 絶賛していました。

RCが青春だった我が同世代の男性方、どうでしたか?
検索でお立ち寄りいただけていたら ご感想お聞かせください。
アカンかったらアカン、まだまだやったらまだまだ!と 忌憚ないご意見くださいませ。

最後に歌った 関ジャニ∞オリジナル「青春ノスタルジー」
楽曲提供のSkoop on Somebody さんとの共演でした。
一瞬、高橋克典かと思った(笑)ヴォーカルのTAKEさん、歌うまっ!!
コーラスのみなさんもすばらしくて
こりゃ関ジャニ∞、ライブでこの曲やるのハードル上がったやろなーと思います。
目指せ スタレビ!なこの曲。いいお手本を見せてもらって さらなる精進をしてほしいです。

…で、来週は誰がゲストなのかしらん?
紹介なかったね…HPもないし。
とりあえず毎週録画にしてあります。
[PR]
by mayukw | 2013-10-28 15:59 | 音楽 | Trackback | Comments(16)

The Covers 第1回

クオリティの高い音楽番組が始まりました!

NHK BSプレミアム 毎週日曜日 22:50~
The Covers

昭和の名曲を、今をときめくアーティストが生演奏でカヴァーする音楽番組です。
司会はリリー・フランキーと夏菜。
リリーさんは私たちと同世代で 昭和の歌謡曲をリアルタイムで聴いて育った人。
平成生まれの夏菜ちゃんが いい感じで新鮮な感想をコメントしてくれます。

第1回のゲストは
リリーさんとも仲良しの斉藤和義でした。
この方も同世代です(ていうか、タメやし・笑)

来たねー!一発目はジュリーでしたよ!
「ダーリング」を歌ってくれました。
斉藤くん(いきなりタメ感覚)、小学校5年の頃って言いましたかね…そうそう、私もそうです(笑)
リリーさん「あの頃の小学生男子でジュリー嫌いなヤツいなかったよね」
小学生なりに、ジュリーに色気を感じて こんなオトナの男になりたいと思ってたと。
わかるわー 私もジュリー大好きなオマセ小学生でした。

この「ダーリング」は 彼のカヴァーアルバム「紅盤」に入ってます。
「スローなブギにしてくれ」とか「キャンディ」も入ってて 昭和の匂いぷんぷんします。
カッケー!!ですよ。おススメ。

そしてもう1曲、何を歌ってくれたと思う?

梓みちよの「二人でお酒を」でした。

これがまた、司会の横のステージ(ちょっとカラオケ舞台風)で
ギター弾き語りでやってくれました。いいなぁ…傍で聴いてみたい!
この曲、ギター1本で歌うと すっごいオシャレになるんです。
リリーさん「いいねー お酒のCM来るよ」って(笑)

出演は3人だけ。バラエティタレントとか一切なし。
カヴァー曲2曲と アーティストのオリジナル曲が生演奏で楽しめます。
こんな番組、待ってたんだよなー
カヴァー曲歌って当てようとしてる無名の歌手とか どーでもええねん。
それはただの「カラオケがうまい人」でしかないから。

斉藤和義みたいな、その歌声を聴くのが楽しみな
ある意味「クセのある」歌い手が 他の人の歌を歌うとどんなふうになるのか?
というのが、本来のカヴァー曲の楽しみなんです。
前にも書いたけど、矢野顕子がその天才なんです。

そんな嬉しい番組の 第2回のゲストが…ですよ、みなさん。

私の大好きな関ジャニ∞のリードボーカル・渋谷すばるなんですよ!!
これ、すごいでしょ?いちアイドルが 斉藤和義の次、ですよ?

すばるくんの歌、ものすごいクセがあるので好き嫌いはっきりしてます。
私は好き!なんですよ。だから関ジャニ∞が好きなんだ。

もう番組紹介で発表になってるから ネタバレしちゃいますけど
欧陽菲菲「ラブ・イズ・オーヴァー」と
RCサクセション「スロー・バラード」
この2曲を歌ってくれるそうです。スローバラード キタ――――――――!!!

ラブイズオーバーはたしか、
彼のお母さんがいつもカラオケで歌うから 自分も歌うようになった
と どこかに書いてあった記憶があります。
スロー・バラードは数あるRCの曲のなかで 私が一番好きな楽曲でして
これを歌うのに ハンパな人は許せません。
矢野顕子のコンサートでは ゲストの奥田民生が歌ってくれて泣きそうになりました。
それ聴いたときに、「すばるにも清志郎の曲、いつか歌ってほしいなぁ」と思ったのが
こんなに早く実現するとは。

あー楽しみ!!

fumiQさん みなみさん
来週日曜、BSプレミアム お忘れなくーー
今回は告知しておくよ(笑)
[PR]
by mayukw | 2013-10-21 13:22 | 音楽 | Trackback | Comments(14)

涙の答え

c0073649_2310538.jpg
いーい曲です。
涙の答え
すごいPVが付いてきましたー!
「シックス・センス」です、これ。

8分。
そのあいだに 若者たちの現在の様子と少年時代のあれこれが想像できて。
極上のショートフィルムになってます。
主人公はひとことも話しません。(シックスセンスだからあたりまえ)
でもその表情が なんともいえん、せつなーい!
c0073649_2310734.jpg
しばらくは激リピートの日々です。
[PR]
by mayukw | 2013-06-12 23:22 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

矢野顕子コンサート@フェスティバルホール

c0073649_213493.jpg
2月に出たアルバムのタイトルツアーで
オープンしたばかりのフェスティバルホールに行ってきました。
c0073649_2135342.jpg
ブレてますが 天井の高い素敵なファサード!
外国のホールのようです。
むかーしのフェスティバルホール、地下に映画館なかった?厚生年金会館のほうだったかな?
c0073649_2135537.jpg
「オープニングシリーズ」の一環なんですね。
大阪公演はなんと、奥田民生がゲストです。豪華!
c0073649_2135966.jpg
ホール入口のパネルには アッコちゃん直筆のメッセージが。
「世界で一番強く、フェスティバルホールを待ちのぞんでいるのはわたしです!!
はやく会いたい、そして音を奏でたい。」
一時閉館を惜しんで
「フェスティバルホールが欲しいです。どうしたら買えるの?」というメッセージまで送っていたとか。
そんなに愛してくださっていたとは…(T_T)

その下の「矢野顕子さんとフェスティバルホール」という解説によると
1994年のコンサートがフェスティバル初登場だったらしいですが
ワタシ、この94年のコンサートに来てるんです~♪ (それ以来だったんだけど)
アッコちゃんとの大阪での「縁」を勝手に感じています。
その94年のコンサートは結婚前のオットと来たんですが
19年という長い歳月を経て 同じホールに同じ人と来れたこと
そのアーティストがずっと第一線で活躍していること…
いろんなことに想いをよぎらせたメッセージボードでした。
 
c0073649_214195.jpg
ロビーがこれまたステキ。
オトナ空間な感じです。ちょっぴり遠近感なくなるけど(笑)


コンサートレポ
[PR]
by mayukw | 2013-05-15 22:13 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

紅白歌合戦のすごさ

暮れから ずぅっと気になってる曲が2,3あります。

いきものがかり「風が吹いている」
ロンドンオリンピックのときは それほどでもなかったんだけど。
きっかけは 毎年恒例「クリスマスの約束」。
小田和正がお気に入りの楽曲を お気に入りのアーティストと一緒に演奏してくれるライブ。
今回は いきものがかりの水野くんが加わって
男ばかり5人(小田和正、根本要、スキマスイッチ、水野良樹)で歌ってくれた「風が吹いている」が
とーってもよかった。
アコースティックギター4本と エレピと バックに静かなベース。
歌詞が響くねんなぁ…

その後紅白で見た、紅組トリ。
これを大トリにするべきやったんちゃうの…?と何度思ったか(苦笑)
歌詞がいいうえに 曲がドラマチックな展開で感動する。
歌い出しの ♪時代はいま~ の部分は なんとBメロ。
サビが歌い出しというのが定番のところ、あえてBメロからといくのがニクイ。
紅白ではやらなかった Cメロ ♪託された”いま”がある~ のところもいいんだけどな。

いまのところ、カラオケでがんばってみたい曲の筆頭候補です。

嵐「ふるさと」
NHK合唱コンクールの課題曲だそうですよ。納得納得。
披露は3回目だったのに ようやく今回「ええ曲やー」と思えたのはナゼ?
嵐ファンにいままでの様子を聞いてみたところ、
初披露(’10年)はバックにコーラス隊を従えて 嵐さんはユニゾン。
’11年は 櫻井翔くんが生ピアノ演奏、ほかの嵐はユニゾン、途中から出演者みんなで合唱。

今年は 嵐だけが5人で歌い、きれいにハモっていた。
下ハモは 松本潤くんと…櫻井くん?←不明 ご存知の方教えて

どうやら 心を込めて生で歌う、他の助けはいらない、バックに大げさな飾りはいらない
そういう何気ない…というか、本来それが当たり前であるはずの歌唱に
人は心打たれるということが よくわかったステージでした。
美輪さんの「ヨイトマケ…」は それの最たるものですわ。

ももいろクローバーZ「さらば、愛しき悲しみたちよ」
ムスメたちがドラマ「悪夢ちゃん」を見ていたので 聴きなれてはいたのですが
なんなんだ、このサビの「ぐるぐる回る感」は?と。
きっと 昔のアニメ主題歌ちっくなんやね。
ギターがガンガン入ったアレンジやなー 凝ってるなーと思ってたら
布袋寅泰作曲とな!?
うーん お金かかってるわぁ~

あ、ワタクシ、ももクロ とっても気に入ってます!
あの自己紹介「週末ヒロイン ももいろクローバー ゼェーーット!」の徹底ぶりと
何があっても どんなに踊ってても 生で歌う根性!
ええやんかー

それはそうとヤザワ、かっこよかったねー!!
鳴り物入りで出てきた数年前のパフォーマンスより ダンゼンよかった。
年々素敵になっていくアーティストですな。
最後に求められた挨拶で 「ありがとうございましたっ」の一言。
オトコはいらんこと 言わん! ヒュー!

紅白って 毎年誰が出るか、なんであの人は出ない この人は…と話題になるけど
プロデューサーさんは 本当にすごい人選をしてると思います。
昔みたいに 日本国民みんなが知ってる歌い手やみんなが歌える歌なんか、もうあり得ない。
あるジャンルの愛好家たちには知ってて当たり前のアーティストでも
一歩外に出ると 誰これ?と言われるのが今の音楽界。
それを偏りなく 総ナメのように紹介してくれる番組だと思います。
音楽好きにはたまらんよ。

c0073649_15323944.jpg
何曲知ってる?
アタシは9割方。
[PR]
by mayukw | 2013-01-11 15:36 | 音楽 | Trackback | Comments(12)

ノーサイド

NHKのユーミン40周年記念番組を見ました。

前半は彼女の軌跡の振り返り。
伝説の、コンサートに象に乗って現れた映像とか
時代やなーと感じるハイレグ水着のような衣装とか
シンクロスイミングとのコラボとか
まぁ いろいろハデでしたよね。

私が「なるほどー」と思ったのは、彼女が音楽をやっていこうと思ったきっかけとなった曲
プロコル・ハルムの「青い影(The Whiter Shade of Pale)」だというんですね。

これこれ!
このオルガンサウンドを聴いて、それまでロックはギターでやるものだから自分にはできないと思ってたのが
「これなら私もできる!」と思ったとか。
のちに このバンドのキーボーダーの人と共演もしてるそうです。

番組のハイライトは、「ひこうき雲」を録音した当時のバックバンド・キャラメルママとの再共演。
キャラメルママは ダンナさんの松任谷正隆(キーボード)、ベースの細野晴臣、ギターの鈴木茂、ドラムの林立夫からなるスタジオミュージシャンバンドです。
余談ですが、このバンドと雪村いづみが組んで 服部良一メロディを演奏してる「雪村いづみ スーパージェネレーション」というアルバムがめちゃくちゃカッコいいの!
36年ぶり?やったかな。ユーミンもおばさん、バンドもおじさん(笑)
でも「一瞬にして 当時に戻れた」って言ってました。
そうだろうねぇ…音楽って そうやわ。

演奏は「ひこうき雲」1曲だけだったのが残念。せめてもう1曲聞かせてほしかったな。
その「ひこうき雲」の、♪白い坂道が空まで続いていた~
というフレーズの後ろに流れているオルガンの音が なんかに似ているなぁと前から思っていたのです。
わかりました!
さきほどの「青い影」に似ているんです。例のカノンコードです。

先日、朝日新聞のコラム「うたの旅人」に「ノーサイド」が取り上げられました。
さわりだけ→こちらに載ってます。
この曲が、私がまさに高校生のときの花園ラグビー場での決勝戦をモチーフにしているということは知っていたのですが、記事を読んで大泣きしてしまいました。
ここまで深いドラマがあったのか、と。

1984年1月、高校ラグビーの決勝戦は天理高校対大分舞鶴高校。
大分舞鶴の主将は 体育教師になるために九州の大学を受験することにしていて
決勝戦の日はその推薦入試の受験日だったんだそうです。
自分の進路を決める大事な日、勝ち進んで決勝戦に残れば 潔く欠場することに決めていたのは
ラグビーは組織のスポーツで、自分が抜けても代わりがいるからと仲間を信じていたからだったと。
ところが決勝戦に主将が出ないという報道を受けて
大学側が、彼だけ受験の時間を試合終了後に延長するという措置を取ってくれて
彼はグランドに舞い戻った。
試合は 大分舞鶴劣勢、誰もがもうあかんと諦めたときにロスタイムで起死回生のトライを決めた。
あと2点、ゴールキックを決めれば同点優勝でノーサイド(試合終了)という場面で
その主将が蹴った…
結果は 「ノーサイド」の歌のとおり。

ユーミンはこの場面をたまたまテレビで見ていて 触発されたとのことですが
彼女が一番感じたのは、この悲劇のヒーローのことを 来年覚えている人は少ないだろうということ。

同じゼッケン 誰かがつけて
また次のシーズンを かけてゆく
何をゴールに決めて 何を犠牲にしたの 誰も知らず
歓声よりも長く 興奮よりも速く 走ろうとしていたあなたを
少しでもわかりたいから
人々がみんな 立ち去っても私 ここにいるわ


高校ラグビーは 高校野球のようにプロに入って語り継がれるわけでもない。
今まさに悲劇のヒーローでも また来年、次のドラマがスタジアムで演じられる。
それでも この、今年の決勝戦というドラマにおいては 彼が
彼だけでなく 決勝戦を戦った全員が主人公である、とユーミンは言いたかったんですね。

私がこの歌に出会ったのは 高校3年でした。
この決勝戦を見ていたわけではなかったので
そんな深いドラマがあったなんて知らなかったけど
自分と同世代が一人ひとり、その進路について漠然とした不安を抱えていた頃に
なんとなくこの歌が染みたのは こういうことだったのかなーと思います。

その後、花園に高校ラグビーを見に行くことになります。
大学の同級生の出身高校が2回戦に勝ち進んで 誘われるまま付いていきました。
「ノーサイド」の舞台を観ておきたかったからかな…。
その試合に あの橋下さんが出ていたとは露知らず…(笑)


[PR]
by mayukw | 2012-12-09 00:33 | 音楽 | Trackback | Comments(10)

EIGHT × EIGHTER = EIGHTEST !!

c0073649_22545527.jpg
関ジャニ∞の初ベストアルバムが発売になりました。
8EST(エイテスト)

例によって、ものすごい収録時間の特典DVDが付録についてきました。

初回限定盤Aには2枚。
①8月に東京と大阪で行われたイベント「∞祭(はっさい)」でのライブと、8月8日の招待イベントの抜粋とで161分(2時間41分)
②∞祭でのトークコーナー「ガチンコ祭り!センターは俺だ!!」の全25公演ダイジェスト
237分(3時間57分)

初回限定盤Bには1枚。
・上記「ガチンコ祭り!センターは俺だ!!」で優勝した横山くんがセンターとして作られた新曲「クルトン」のPVとメイキング
・最下位(錦戸くん)と下から2番目(丸山くん)が罰ゲームとして遂行した「ほほえみデート」の様子。
以上合わせて77分(1時間17分)

今回ばかりは ファンは悩みません。
トーゼンのように AもBも買いました!
今回の新譜はベストアルバムのCDのはずなんだけど、もはやDVDを買ってるようなもの。
だってトータルで7時間55分もの エイトだけの映像が入ってるんですよ~
これで 2本合わせて1万円以下(Amazon割引価格)って すごくない?
ものすごーーーーく お値打ち品ですよっ 奥さん!(笑)

毎度毎度、このグループが出すCDやDVDで感心することなんですが
ファンが観たい!と思うものは 惜しげもなく全部見せてくれるんです。
たとえば ∞祭のライブ。
これ、日替わりのバンド曲が4曲あったんです。
ありがちなのは、ライブ全体を録った日に演奏された1曲だけを収めていること。
ところが この人たちのには全種類入ってるんですよね…
このご時世、この日はこんな曲だった!ていうのが ネットのチカラで即座に知れ渡ってしまうので
耳年増なファンは あれも聴きたい これも聴きたいってなるんです。
それをまぁ、全部入れてくるところ…痒いところに手が届くとはこのこと。

「センターは俺だ!!」のゲームも 1日5回全部違う。
東京と大阪で同じゲームはあるけど、同じ日に同じゲームを2度はやらない。
それを全部見せようとすると 抜粋でも3時間57分にもなってしまうんですよねー
正直、お腹いっぱいになります(笑)さすがに1日では観られなかった…


ここからは お好きな人だけ♪
[PR]
by mayukw | 2012-10-23 15:58 | 音楽 | Trackback | Comments(6)

台風17号接近により公演中止

c0073649_20184198.jpg
昨日9月30日、私は長居スタジアムのコンサートに行ってたはずでした。

前日は次女の小学校最後の運動会、2日ある公演に行けるチャンスは1日だけ。
第1希望しか書かずに申し込んだチケットは2口とも当選していました。
しかも長女名義の2枚はアリーナ席!
長女は∞祭に参加できなかったぶん、エイトに会えるのをめちゃくちゃ楽しみにしていました。
そしてこのコンサートが終わったら
11月に同じ長居陸上競技場で行われる駅伝の大会を経て 部活引退(やっと)、
いよいよ高校受験モードに突入する予定だったのに。

雨天決行って書いてあるのに…
さすがに暴風決行とは書いてないよね(T_T)

フタをあければ
昨日の17時前後、大阪は暴風・大雨・洪水警報発令中
とくに16時半頃からの雨風はハンパないもので
仮に決行されていたとしても 目も開けてられないくらいの状況でしたから
中止を決定してくれたエイトとスタッフに感謝しました。

私は中止の決定を 運動会終了直後に知り
朝からの疲れとともに 放心状態でフテ寝していましたが
18時にweb日記「関ジャニ戦隊∞レンジャー」が更新されているというお知らせをうけ
さっそく読みに行って 目が覚めました。

メンバーひとりひとりからのメッセージは 本当に温かくて
心からの言葉がそこに詰まっていて
あらためて このアイドルグループを好きになってよかったと思いました。

中止決定から開演までの数時間で 7人がそれぞれに言葉を選んで
明日来るはずだった5万5千人に向けて発したメッセージ。
この即時対応に ますます彼ららしさを感じて
5万5千人といわず、ファン全員の心に響くメッセージとなったようです。
「自分が行くわけでもないのに 涙が出た」というファンをネット上でたくさん見かけました。

web日記は流れていくので 
私が特に心を打たれたメッセージ2つを 代表してここに残しておきます。

明日来てくれるはずだったEighter。

本当に残念ですが、会えなくなりました。
楽しみにしててくれたのに本当にごめん。

歌う事ができない。
こんなに苦しい事はないです。

みんなに届くように、今日のライブは明日の分もみんなに届けるよ。
綺麗事じゃなくて、本気で届けるから。

雨降ってようが、はねのけて届けるから。

空は繋がってます。
心は繋がってます。
音は届きます。

本当にごめん。
絶対にまた会おう。

渋谷すばる



ホントに残念です。

安全面が一番大事だという事を考慮しての決断です。

楽しみに待っててくれた、Eighter。
本当にゴメンなさいm(__)m

勝手ながら、僕は、僕らとEighterを何かから守ってくれたと思ってます。

村上信五


すばるくんの言葉はいつも 胸の奥に響いて カラダ全体に跳ね返ってきます。
「歌う事ができない。こんなに苦しい事はないです。」
「綺麗事じゃなくて、本気で届けるから。」
本当に 届きました。空は繋がってますから。心も繋がってますから。

村上くんの言葉は事務的ではあるけれど
開催者側のすべての人の気持ちを代弁している、本当に大人なメッセージです。
「安全面が一番大事だという事を考慮しての決断です。」
この一文のなかに、ひとつの公演を中止することを
エイトをはじめとする開催者サイドは どんな気持ちで決断したか伺うことができます。
ショービジネスの現場で 何千万円という損失を出すことはどういうことか。
それを支えるスタッフの生活も背負っている、ということを重々自覚した
30歳の社会人の言葉だと思います。

そう思うと、体調不良とかですぐに公演キャンセルしちゃう外タレって どうよ?

そんなわけで
私たちには まだチャンスがあります。
年末に京セラドーム3公演が追加になりました。
行けなかったファンのことを こんなに思ってくれてるんだから
期待していいのかな?
っていうか、もうすっかり当たるつもりでいます。
エイトの誠意を、信じてます。
[PR]
by mayukw | 2012-10-01 21:17 | 音楽 | Trackback | Comments(10)

花は咲く



NHK「明日へ」復興支援ソングのご案内

ビクターのHP

花は 花は 花は 花は咲く
いつか生まれる君に
花は 花は 花は 花は咲く
私は何を残しただろう

花は 花は 花は 花は咲く
いつか生まれる君に
花は 花は 花は 花は咲く
いつか恋する君のために

昨日の深夜、このフルバージョンが放送されることに気づいて録画しました。
東北出身や ゆかりのアーティスト、有名人が次々に登場し一節歌います。
全員が 心を込めて歌っている姿に思わず涙腺がゆるみ
ラストの西田敏行の優しい声と微笑に 涙腺崩壊。

作詞を手掛けた岩井俊二監督と 作曲家・菅野よう子さんの
故郷(二人とも宮城県出身)への想いが
歌い手が一節歌うだけで ひしひしと伝わってくるような
すばらしいMVだと思います。

私が大好きだったころのタカラヅカスターが2人も入ってるのも ウレシイ。
気仙沼出身の涼風真世と 仙台出身の杜けあき。
カナメちゃんに もっと長く歌わせてほしかったよ~
杜さん ひさしぶり!

youtubeには 残念ながらフルバージョンがまだあがってません。
ここ1週間で立て続けに放送されたから 誰かあげてくれるかな?

昨日放送の「花は咲くスペシャル」での
ピアニスト辻井伸行さんと 福島の中学校合唱部の共演を観て また涙。
番組出演はオール東北出身、ナレーションの鈴木京香も。(MVでなぜか歌わない彼女)

この1年半、応援ソングや復興ソングをやまほど聴いてきたけど
これほど心を打たれた歌はなかったなぁ。

いい歌だと思います。
[PR]
by mayukw | 2012-09-06 22:36 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

すごはち リクエスト

先に発売の「愛でした。」と 昨日(7/25)発売の「ER」の2シングル連動企画として
8月8日にファン感謝イベントが行われます。

松原信一presents すごはち

松原信一って誰やねんっ!
すごろく ならぬ すごはち って どうやんの?

当選した人だけがわかる その秘密。
4万人のなかに入れるか…?
…まぁ 十中八九無理でしょう。そこまで運ない。

でも景気づけになればいいな、と
14歳の受験生の名前で応募しました。
受験は当てモノではないけど
もし当たったら、これから半年めっちゃがんばれそうな気がするやん?

応募項目のなかに、「当日歌ってほしいリクエスト曲」がありました。
うわ~なんだろな~
いっぱいありすぎて 選ばれへん!

受験生もちゃんとわかってて
「あまりライブでやってくれへん曲がいいよね?」

そうね…
ママはやっぱり「渇いた花」やわ。これテッパン。
このまえのシングルのメイキングで
ヤスとヒナちゃんが この曲をポロンとギター弾いて歌ってただけで満足した。
いつぞややってたような 最初はアカペラが希望。

受験生は何選んだんやろ…(2口申し込み)
聞くの忘れたf(^_^;)

ファンのみなみなさま
何をリクエストしたんでしょうか…
20数万人の好みは千差万別、結果を知るのもまた楽しみのひとつです。

…あかん またファンブログになってもーた(失笑)
[PR]
by mayukw | 2012-07-26 10:33 | 音楽 | Trackback | Comments(2)


vocal&pianoユニットMère(メール)のピアノ弾き。 私のお気に入りをちょこちょこと書き綴る日記です。


by mayukw

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

最新のコメント

本館にお邪魔させていただ..
by とめこ at 03:56
> あやさん はじめま..
by mayukw at 11:52
はじめまして>__
by あや at 21:56
>ゆうさん この記事は..
by mayukw at 00:32
イッツアスモールワールド..
by ゆう at 12:09

最新の記事

この1年の近況報告
at 2016-06-02 17:44
Mother's day
at 2016-05-08 20:50
リフォームのこだわり その②
at 2015-04-07 22:49
リフォームのこだわり その①
at 2015-03-28 00:47
旅立ち
at 2015-03-07 00:09

記事ランキング

カテゴリ

とっかかり
徒然草(日記)
おでかけ日記
ドラマ・映画
テレビ
ことば
音楽
絵本
本・コミック
舞台
おいしいもの
手作り
千の顔を持つ男
美日々であそぼ
美しき日々 年表
キャプテンが天職の男
掲示板
プロフィール
コメントデビューの方へ

タグ

(235)
(206)
(108)
(100)
(99)
(94)
(82)
(77)
(69)
(59)
(43)
(39)
(38)
(37)
(33)
(33)
(32)
(29)
(26)
(24)

以前の記事

2016年 06月
2016年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
more...

お気に入りブログ

ぐうたら主婦のつぶやき
**ぞっこん ビョンホン...
メルと歩けば
魅惑のパオ★パオルーム
asa92's bird...
和、輪、話
LUNAママのぷれしゃす
More Than Words
arbre*blog
一枚の し・...
putti's room...
京都西京区桂の雑貨店おや...
Florence*non...
Double*Mのフタリゴト
まりのシネマブックストーリー2
雑貨ハイジ堂
日々の散財
ウレシイ♪ タノシイ♪ ...
手作りぱんと雑貨のtec...
easygoing
かふぇ どま 悠々
ちくちく 高槻市天神町...
優子のつぼ
Happy HanaDay
Special Than...

link(エキサイト以外)

最新のトラックバック

往年の名作ドラマを201..
from dezire_photo &..
清洲会議
from たまりんの気ままなPC日記
【ネタバレあり】「エイト..
from 働く人々~シブトクつよく明る..

検索

ファン

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧