<   2005年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

晩秋の京都での一日

c0073649_2349845.jpg
心配だった雨も明け方に少し降った程度で、
京都はさわやかな秋晴れに恵まれました。

ネットでのご縁は不思議なもの。
会ったこともないのに、顔を合わせた時からまるで旧知の仲のように
話の花が咲きました。

初めてのオフ会にご参加の
fumiQさん、ajianさん、きなこさん、mitukiさん、
みみしゃさん、chokolatさん
今日は本当に楽しい時間をありがとうございました。

明日からまた いつものように
気まぐれなブログを続けていきたいと思っています。
みなさんに読んでいただいてる、と思うから
がんばって続けていけます。

私が身軽でないので、関西近辺でしかこのような会は開けません。
日本全国でここを読んでくださっている方には
申し訳ないなと思います。
でも 8ヶ月あまり、変わらぬ思いで訪れてくださっている方への
感謝の気持ちは忘れません。
会っても会わなくても 私の大事なお客様には変わりありませんから。


More オフ会の模様
[PR]
by mayukw | 2005-11-29 21:10 | おでかけ日記 | Trackback(1) | Comments(27)

オフ会開催にあたって…あらためてイ・ビョンホン。

明日、ここにお集まりいただいている中の6名の方と
オフ会をすることになりました。
おととさんに「まゆさんもファン多いんだから いっぺんやってみたら」と
背中を押されたのが2週間前。
そのうち、平日のランチにつきあっていただけますか~?
と声をかけたところ
関西在住の方を中心に 気軽に応じていただけました。
じゃあ 春までに考えよ と思っていたら
東京のfumiQさんが「月末なら京都に行きますので 参加できます」
と言ってくださって
じゃあ せっかくの機会だし、京都は紅葉がいいし…
えいや!で決めた日にちが なんと全員の都合のいい日。
これが「神のお引き合わせ」ということなのでしょうか。
それとも「縁」というものなのでしょうか。

おひとりを除いて、5~6月から半年ちかく 我が家を覗いていただいて
私のマニアックさや、そうかといえばいろいろな気移りに
呆れもせずコメントいただいて気心も知れたつもりでしたが、
ゲストブックを正式に作っているわけではないので
みなさんに関しては断片的な情報しかありません。
顔を合わせるにあたって、ちょっとでも時間を省いて
有意義な「おしゃべり会」にするために
次の自己紹介をメールでしてもらいました。
★ハンドルネームの由来
★住んでいる街と家族
★びょんほん歴と好きになったきっかけ
★びょんほん以外で好きなもの、かつて嵌っていたものなど
びょんほん専門ブログではないです、と常々叫んでいますが(笑)
結局、これが唯一の共通点なんですよね、やっぱり。

回答いただいたものを読んで、
とくにみなさんの「びょんほんを好きになったきっかけ」が面白くて
久しぶりに俳優イ・ビョンホンについて語りたくなりました。
このところ、本来のこのブログの主旨通り
私のお気に入りを次々と書き連ねていてばかりで
そもそものきっかけであるビョンホンのことを
ちっとも書いていなかったからです。

以下はオフ会参加のみなさまへ 送ったメールの一部です。
参加しないけれど いつも ここを覗いていただいている方々にも
聞いていただきたいから ぜひ読んでくださいね。


More こちら
[PR]
by mayukw | 2005-11-28 15:42 | 千の顔を持つ男 | Trackback | Comments(13)

紅葉リベンジ

c0073649_22432691.jpg

<紅葉画像 追加しています>

先々週、少し早くて勇み足だったので
今度こそはと、おサルさんのいる大滝を見に電車で出掛けました。
ふだんは空いている支線に乗り換える人の多いこと!
晩秋とは思えぬ暖かな陽射しで、ダウンを来てると汗ばむくらい。

c0073649_23501363.jpg


c0073649_23492464.jpg

駅から3キロ弱の滝道は、ヤマモミジが赤~橙~黄~黄緑のグラデーション!
やっぱり北摂一の名所ですわ。



c0073649_23512228.jpg
帰り道、頭上からハラハラとモミジの葉が落ちてくるなと思ったら
高く細い枝にサルが3匹。
望遠が届かないくらい高い枝におりました。
真ん中の怪しい物体がそうです。


c0073649_23522150.jpg
モミジの天ぷらって、全国の名所にあるの?
私は油っぽくて好きじゃないんだけど…。


More 紅葉 写真集
[PR]
by mayukw | 2005-11-26 22:43 | おでかけ日記 | Trackback(2) | Comments(20)

女の一代記シリーズ

号泣しました~まだ目が真っ赤なまま書いてます。
フジテレビ 女の一代記シリーズ

こういうの、待ってたんです~フジテレビさん、よう作ってくれました!
今日の瀬戸内寂聴、明日は越路吹雪、そして杉村春子の一代記。
どれも見逃せません。全部予約録画しました。

c0073649_23364612.jpg
今日の宮沢りえちゃん演じる寂聴さんの出家までの道のり…
だいたいの経緯は知っていましたが、映像化されたものを見るのは初めて。
子どもを寝かしつけていて最初の1時間はまだ見てないんだけど
途中からでも十分、ぐいぐい引き込まれていきました。
りえちゃん、ほんま、ええ女優になったで…
紅白で、NHKの屋上でフロはいりながら歌ってたなんて ウソみたいやわ←覚えてる?

c0073649_23372380.jpg
実姉役の斉藤由貴とふたりでお遍路さんになってるシーンから
もう涙が出てきました。
由貴ちゃんもおっとりした感じがまたいいんだわ…
剃髪のとき、「姉がうしろでむせび泣くのが聞こえた」というのを寂聴さんの手記で読んでいたので、そのまんま再現されたシーンを見て号泣。
↑この着物は、実際に寂聴さんが得度式のときに着ていたものだそうです。

寂聴さんの作品をすべて読んだわけではありません。
ていうか、ほとんど読んでないの。
知っているのはテレビでよく見る、すべてを悟りきった穏やかな笑顔。
そして 京都のお寺の法話にたくさんの人がおしかけること。
でもなぜこの方が40代で現世を捨てたのか、
とても気になってエッセイやら何やらを読み漁ったことがありました。

男のために 娘を捨てる…
う~ん わかりません。
びょんほんに求婚されても 捨てへんやろなぁ…←そういうこと 言うなよ(爆)

明日は
これまた大好きな すみれ組絡み…コーちゃんです。
c0073649_2339059.jpg
前に観たドラマは主役…誰だっけ。
あ~思い出せない!
岩谷時子さん役が斉藤由貴ちゃんだったわ。たしか。
いや、違う。
由貴ちゃんは乙羽信子役…あれ?これは違うドラマかな。
ごっちゃになってますf(^^;
今回、コーちゃんはアマミが演じます。
退団後10年、「タカラヅカ」を封印していたんだと。
現役時代から ヅカらしくないトップスターだったのよ…おもろい子やってん。
その子が 大先輩を演じます。
これまた楽しみ~♪
[PR]
by mayukw | 2005-11-24 23:43 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(14)

白夜3.98 1~2話

ぼちぼち 見てます。「白夜 3.98」

c0073649_051635.jpg
1、2話を引き込まれるように一気に見ました。
すごい壮大なスケールのお話やね…
「イ・ビョンホンのドラマ」として見るより
大河ドラマの主要人物のひとり、と思ったほうがよさそう…?


印象に残った人物、それは アナスターシャの少女時代を演じるイ・ウンジュ。
c0073649_045634.jpgこのとき、いくつ…?
1980年生まれだから、ドラマの放送時(1998年)は18歳!
ひ~!やっぱり 「百恵ちゃん」だぁ~
百恵ちゃんは18歳くらいでも とっても大人だったと思うんです。
ウンジュちゃんも バンジージャンプを初めて見たときから
年齢のわりに落ち着いていて 百恵ちゃんのイメージがあったんです。
1話のほんの数十分しか出演していないのに、この存在感…
すごいですね。大物になったはずです。
韓国映画界は 本当に惜しい人を失くしたんだなぁ。

対照的だったのが、ギョンビン(=ビョンホン)の恋人役の少女時代を演じる
ソン・ヘギョ。
やっぱり 彼女はちっちゃい時(笑)から ああいうキャラが似合うというか
天真爛漫さは 持って生まれたものなのね…納得。

c0073649_03104.jpg2話でやっとご登場。
このシーンを見て、自然と「トップガン」の挿入歌"Danger Zone" by Kenny Logginsが出てきたんですけど…(笑)
ミョーにギョンビンばかり目の敵にする上司(少佐)、
このパターンはもしやあとで死んじゃう…?と思ったら 案の定だったわ。
そして尊敬する上司の死をきっかけに 軍と戦闘機製造会社との癒着を暴こうと奮闘するところ、正義感あふれる姿でカッコよかったですね。
そして また出た!あの俳優さん…
冬ソナのサンヒョク父であり、秋の童話のスンホン(役名忘れた)父!

3話と4話のさわりだけ見て中断中…
あれ?3話はまた全然違うストーリーだわ。
4話見てから 書きます。実は うずうず…

3.98って何?ずっと見てたらわかるの?
[PR]
by mayukw | 2005-11-24 00:48 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(17)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

c0073649_20415640.jpg
土曜日、先行上映を観てきました。
いつもはすいている近所のシネコンも、レイトショーなのにいっぱいでした。

ハリポタシリーズを映画館で観るのは前作「アズカバンの囚人」から。
あとはDVDで特典もめいいっぱい楽しんでます。
あの特典の凝りようの割には 値段安いよね~やっぱり 量産作品だからかな。
でもやっぱり このシリーズも大画面で観るのがいいな。
クィディッチシーンのとき、特にそう思いませんか?
あのスピード感がたまりません。

「炎のゴブレット」、いいですよ~!
原作を読んでいる人にはちょっと物足りない、ってどこかに書いてありましたが。たしかに、原作を読んでいない者にしたら、ちょっと?なところもあり、かなりカットしているんだろうなぁとは感じましたが、私の中では、2作目の「秘密の部屋」と同じくらいよかったですね。
あ、この「秘密の部屋」は原作を読んでから観たので詳細もすべて想像しながら観たからよかったのかなぁ?

ハリーはもちろん、ロンもハーマイオニーもすっかりお兄さん、お姉さんになりました。
ネビルが 急にすらっと背が伸びて大人びていました。
今回、ハリーの初恋も描かれていますが、
私はロンとハーマイオニーの恋の行方が気になりますね…かわいいもん(笑)。
舞踏会にパートナーを誘って行く場面があるんだけど
あんまり身近すぎて、気にはなるけど誘えないロン。
自分もまだパートナーが決まらないくせに、意地悪く「もう誘われたのか?」と聞きます。
「もちろんよ、承諾したわ」と言って 立ち去るハーマイオニーの背中には
「なんで 誘ってくれなかったのよ!」と書いてあるよう。
c0073649_20454289.jpg
舞踏会当日、ブルガリアの無骨少年にエスコートされて現れた彼女の美しさに
親友ふたりの目は釘付け。
それでもまだ意地張って減らず口をたたくロンに ハーマイオニー、悔し涙を流します。
まだ「恋」と気づいていない幼いカップル…これからはどうなるのかな?
原作は3作目の途中でリタイアしちゃった(恥)。

c0073649_2046170.jpg
今回、キーパーソンのひとり、魔法対抗戦に出場するセドリックくん。
この彼はブレイクしそうな予感…とってもイケメンでした。
彼とハリーの友情に、シリーズ鑑賞で初めて涙しました。
お楽しみに!

11月26日(土)公開です。
ハリーポッターと炎のゴブレット公式サイト
[PR]
by mayukw | 2005-11-21 20:53 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(14)

1万人の第九 キッズドリームシート

c0073649_1203020.jpg

佐渡さんの記事を書いたときに、久しぶりに「サントリー1万人の第九」サイトを見て、「キッズドリームシート」なる、招待席があることがわかりました。

サントリーさんの「キッズドリームプロジェクト」の一環で
「1万人の第九」に小学生の子ども1名とその保護者1名をご招待!小学生の親子を50組ご招待という企画です。
長女はいずれ連れて行こうと思ってましたが、問題がひとつ。
次女(幼稚園児)が「行きたい~」と言うだろうなぁ…
パパとお昼からふたりで待っとけるかしら。
ま、当たったとき考えよ!と、とりあえず応募してみたところ、

当たりました~!
<追記>(注)私だけが当たったのではありません!

ブログに佐渡さん絶賛の記事を書いたことで、サントリーさんに褒められたとしか思えません(笑)

というわけで、12月4日(日)、大阪城ホールに行ってきま~す!

今年のゲストは森山良子さん。
「さとうきび畑の唄」や「涙そうそう」、息子の直太朗さんが作曲した「マザーアース」など
娘に聞かせたい曲がいっぱい。

「第九」合唱デビューに向かって第一歩です。

<またまた追記>
実は、1万人の第九に一度出演しています。
第14回 1996年。まだ山本直純さんが指揮されている頃でした。
「サントリー1万人の第九」22年の歩みを見て思い出したんですが…
おととさぁん!私、そういえばディック・リーをナマで見てたわ(笑)←ふたりしかわからない会話
テーマが「響け、アジアの熱き心よ」で、ソロの4人もアジア各国の方だったんです。
でもね、このときは私は出演者1万人のひとりとして、壇上に…と言いたいところ、
8対2くらいの割合で圧倒的に女性が多いため、壇上になんか乗れません。
客席の一番テッペンだったんです(涙)。
出演者なのに 指揮者が豆粒ってどうよ?
男性はうまかろーが ヘタであろーが、絶対 壇上。
我が夫はテレビ放映にも ちらっとかすりました。
ことしはキッズ専用席、ってことだから きっと観客のひとりとしてテレビに映るかも?
…ということで、今年のテレビ放映は12月23日(祝)14:00~14:54 です。
MBS、TBS、HBC(北海道)、CBC(中部)、RKB毎日(九州)のJNN系5局ネットだそうです。
みなさん 見てね~!
佐渡さんのこと、よく知らない方もぜひ!
[PR]
by mayukw | 2005-11-20 20:51 | 音楽 | Trackback | Comments(15)

ぐりとぐら

c0073649_15553978.jpg
何がなんでも 大好きな絵本のキャラクターは ぐりとぐらです。
ぐりとぐらシリーズは 春夏秋冬をモチーフにされているいうこと、お気づきでしたか?
「ぐりとぐら」=秋
「ぐりとぐらのおきゃくさま」=冬
「ぐりとぐらのかいすいよく」=夏
「ぐりとぐらのえんそく」=春 (以上、発行順)


c0073649_15561853.jpg
作者の中川李枝子、山脇(大村)百合子さんは 実の姉妹です。
秋→冬→夏ときて、春の「えんそく」が発行後、お姉さんは妹に「どう、感想は?」と尋ねたそうです。猛暑の中、絵を描いて精も根も尽き果てた妹さんは「これでぐりとぐらはおしまいよネ」と晴れやかに言ったところ、
お姉さんは そういわれると猛然と意欲がわいてきて
「あら、そんなことないわよ。ぐりとぐらのたんじょうび、ぐりとぐらのしっぱい、ぐりとぐらのりょこう、ぐりとぐらのびょうき…」とどんどん挙げると、妹さんは「やめて~!!」と悲鳴をあげたとか。
文と絵の作業にはいつも時間差があり、
お姉さんがああでもない、こうでもないと寝ても醒めてもストーリーを考えているときに
妹さんは「ぐりとぐらならなんでもござれ。さあ、どんどんハナシを作ってください」と上機嫌で待っていて、一緒に考えてくれない。
いざ 絵をつける段階になると 今度は妹さんが アタマを悩ませる結果となり…お互いを恨めしく思いながら仕事をする…と。
だから、「姉妹仲良く力を合わせて絵本作り」なんていわれると恥ずかしいそうです。
(「ぼくらのなまえはぐりとぐらー絵本ぐりとぐらのすべて」より)

c0073649_15594919.jpg
さて、ぐりとぐらの名前の由来、知ってる?
これは妹の山脇さんのフランス語の先生に借りた絵本(原書)からヒントを得たそうです。
姉の中川さんは 当時保育園の先生だったそうで、
子どもたちにこの絵本をもとにした紙芝居を作って聞かせていたところ
野ねずみの歌う「ぐりっ ぐるっ ぐらっ」(ガリガリガリという意味)が子どもたちがとても気に入って、いつもみんなで声を合わせて歌っていたんだそうです。
そこから 野ねずみの名前にしたんだとか。
子どもって 大人が思わぬところで 大ウケするもんでしょう?
そんなエピソードが、この40年にわたって絶大な人気を誇るキャラクターの名前の由来だったなんて ほほえましいですよね。
それから、ぐりとぐらは 双子の男の子なんですよ。
よく「ぐら」は女の子だと思ってる人もいるみたい。
これもきょうだいの多かった中川さんの「みんな平等だといいのに。双子ならいいのになぁ」という憧れからだそうです。

このほかにも、「ぐりとぐら」について作者おふたりの思い出話を知りたい方は
「こどものとも50周年記念ブログ」より
山脇さんの「ぐりとぐら」を描いた頃のこと
c0073649_1719391.jpg
また、「ぼくらのなまえはぐりとぐら-絵本「ぐりとぐら」のすべて」(福音館書店母の友編集部 編)という本が 超・おすすめ。
↑にも書いた裏話をはじめ、二人の作者の対談、お話に出てくるお菓子のレシピ、
ぐりとぐら人形や着ぐるみの作り方、
そして、私が図書館のレビューにも書いた「ぐりとぐらの歌」の楽譜とCDが付いてます。
このCDには 9ヶ国語に訳された朗読も入っています。
お好きな方はぜひ!←のAmazonさんで どうぞ。(ここから 行ってもらえると私、ちょっとだけ得することになってます…♪)

c0073649_1601485.jpg
さて、ぐりとぐらなら どのお話も好きですが
なかでも いちばんのお気に入りは「ぐりとぐらのおきゃくさま」です。
ぐりとぐらシリーズのなかで、いちばん最初に出会ったのがこの作品だったので三つ子の魂…です。
「おきゃくさま」は 本当なら「不法侵入者」(笑)。
でも そんなことはピリッとも気にせずに、ぐりとぐらは「誰だろう?」「どこだろう?」と家の中を探し回るんですね。
赤い帽子やコートがかけてある時点で、大人ならピンとくるところを
サンタさんをまだよく知らない子どもに「誰だろうねぇ?」と不思議がらせながら、わくわくさせながら 読み聞かせる技術が養われました。

お話の中に出てくるサンタのケーキは、子どもの頃、母がいつも真似して作ってくれていました。お手製の固い固いスポンジにバタークリームを塗り、チョコレートをたっぷりコーティングしたもので、私たち姉弟はいわゆるケーキ屋さんのクリスマスケーキを食べたことがありませんでしたので「ケーキの固さはこんなもの」と思ってました(笑)。
そんなことを思い出しながら、一昨年のクリスマスに「おきゃくさま」のクリスマスケーキ作りに挑戦してみました。写真があるのですが、今すぐにお見せできなくて残念!?
[PR]
by mayukw | 2005-11-17 17:20 | 絵本 | Trackback | Comments(11)

ただいま 観戦中

キリンチャレンジカップただいま 後半戦 やってます。

10月22日の試合で1ヶ月の怪我をしたみやもっち、先発出場していまーす!
見逃してしまったナビスコカップの決勝戦(11月5日)で 途中から出場してたそうです。
すご~い!2週間で復帰だなんて…やっぱり プロは違いますよ。

c0073649_2050048.jpg

ナビスコカップの記者会見。
みんなダークの無地のスーツのなか、ひとりストライプに紫のドットネクタイ。
おしゃれです。
インタビュー受けてるシジクレイ選手…
アタマのかたち、きれいです(笑)


c0073649_20514654.jpg

ナビスコカップの観客席。これ、大阪じゃなくて国立競技場ですよ…!
こんなに応援団が東京に行って応援してたのに、テレビ中継見るの忘れててゴメンナサイ…
ファンクラブ会員失格です…スタタタタッ(=(=(=(=(=(/□ ̄)/
残念ながら、ガンバ大阪初の優勝はPK戦の1点差で逃してしまったそうです。


後半戦30分経過。
まだ0-0の同点。ガンバの大黒選手が投入されました。
がんばれ~!!!


c0073649_211394.jpg

「マリクレール」1月号(11月22日発売)にインタビューが載るんだって!
これ、いいよね~
:°・。(# ̄ ▽  ̄#)ポワァ~ン°・。


c0073649_212495.jpg

こちらは「メンズクラブ」11月10日号。
あれ?メンクラにビョンホンも載ってるんちゃうかったっけ?
えらいこっちゃ!これは本屋に走らねば!(汗)
それにしても 似てるやん…この写真(笑)


まだ得点できません…
もとい!
PCから離れたとたんに、ロスタイムで松井選手が得点しました~バンザーイ!

※画像はすべて、ガンバ大阪公式サイトより拝借しました。
[PR]
by mayukw | 2005-11-16 21:09 | キャプテンが天職の男 | Trackback | Comments(15)

福音館書店の絵本

イキオイで 絵本のご紹介~!
ついこの前は ミンチョルのお屋敷の間取り図が載っていたブログとは思えませんな。(笑)

c0073649_11592367.gif
みなさまのお気に入りをたくさん挙げてもらったなかで
やっぱり多かったのは、絵本の殿堂「福音館書店」が発行している絵本であるように思います。
我が家の絵本所蔵の半分以上を占めるのも、福音館が出しているもの。
前から いつかこの本屋さんのことを書こう…と思ってましたので
みなさまに支持されているとわかって、私もブログ管理人冥利につきます。

まずはこの本屋さんの公式サイト 福音館書店のホームページ

「おすすめ本ガイド」のコーナーは年齢別におすすめの絵本が紹介されていて
どんな本を読み聞かせたらいいのかな…と思ったときに 役立ちます。
なんといっても 全ページにわたって 豊富な絵本の画像が見られて
さながら、「おうち図書館」。

そしてこのたび、新しくできているブログを発見!
なぜか↑の公式サイトからは飛べないのですが
福音館が発行している月刊誌「こどものとも」の50周年記念ブログ という
隠れたページがあるんですよ。 こちら
2006年3月号で600号、創刊50周年を迎える「こどものとも」。
みなさんご自身が、また子どもさんが幼稚園の絵本配布などで手にしたことがあるでしょう。
この記念ブログ、いまはまだ準備段階で全作品の紹介は1973年までしか更新されてません。
それでも、その年に起こったできごとや、主な作家さんによる作品誕生エピソード紹介…と読み応え満点です。
福音館書店が「こどものとも」のアーカイブ紹介してくれるのは 初の試みなんですよ。
私も「そらいろのたね」のところにTBしました~なんと、同じタイトルのブログの方に先越されていましたがf(^^;

More 福音館書店の絵本おすすめ その1
[PR]
by mayukw | 2005-11-16 12:03 | 絵本 | Trackback | Comments(10)


vocal&pianoユニットMère(メール)のピアノ弾き。 私のお気に入りをちょこちょこと書き綴る日記です。


by mayukw

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新のコメント

> あやさん はじめま..
by mayukw at 11:52
はじめまして>__
by あや at 21:56
>ゆうさん この記事は..
by mayukw at 00:32
イッツアスモールワールド..
by ゆう at 12:09
ホームステイの受け入れは..
by 1go1ex at 16:20

最新の記事

この1年の近況報告
at 2016-06-02 17:44
Mother's day
at 2016-05-08 20:50
リフォームのこだわり その②
at 2015-04-07 22:49
リフォームのこだわり その①
at 2015-03-28 00:47
旅立ち
at 2015-03-07 00:09

記事ランキング

カテゴリ

とっかかり
徒然草(日記)
おでかけ日記
ドラマ・映画
テレビ
ことば
音楽
絵本
本・コミック
舞台
おいしいもの
手作り
千の顔を持つ男
美日々であそぼ
美しき日々 年表
キャプテンが天職の男
掲示板
プロフィール
コメントデビューの方へ

タグ

(235)
(206)
(108)
(100)
(99)
(94)
(82)
(77)
(69)
(59)
(43)
(39)
(38)
(37)
(33)
(33)
(32)
(29)
(26)
(24)

以前の記事

2016年 06月
2016年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
more...

お気に入りブログ

ぐうたら主婦のつぶやき
**ぞっこん ビョンホン...
メルと歩けば
魅惑のパオ★パオルーム
asa92's bird...
和、輪、話
LUNAママのぷれしゃす
More Than Words
arbre*blog
一枚の し・...
putti's room...
京都西京区桂の雑貨店おや...
Florence*non...
Double*Mのフタリゴト
まりのシネマブックストーリー2
雑貨ハイジ堂
日々の散財
ウレシイ♪ タノシイ♪ ...
手作りぱんと雑貨のtec...
easygoing
かふぇ どま 悠々
ちくちく 高槻市天神町...
優子のつぼ
Happy HanaDay
Special Than...

link(エキサイト以外)

最新のトラックバック

往年の名作ドラマを201..
from dezire_photo &..
清洲会議
from たまりんの気ままなPC日記
【ネタバレあり】「エイト..
from 働く人々~シブトクつよく明る..

検索

ファン

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧