<   2007年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

アンナ・マデリーナ

夏物語 辛口感想を書く前に ちょっとティーブレイク。

今日は 水曜レディースデーになかなか時間が合わないmitukiさんとふたりで
楽しみにしていた「ディパーテッド」を観にいく予定でしたが、
スコセッシファンの夫の不評をはじめ、あちこちでのこきおろしを目にするうちに
2時間40分の長丁場に耐えられるだろうか…
疲れてるしなぁ…と どんどん気分は萎えていってしまい、
結局 予定をころっと変えて、おうちでビデオ鑑賞することになりました。

mitukiさんにレンタルしてきてもらったのは、金城 武、アーロン・クォック、ケリー・チャン主演の「アンナ・マデリーナ」(1998年 香港)。
観終わったあとに 調べものをしようとググってみたら…
いま Gyaoでやってるやん!!!
グッドタイミング~だったのかしら。
こちら2月5日(月)まで

c0073649_1517210.jpgあらすじ(goo 映画より)
平凡なピアノの調律師のガーフ(金城武)は、ひょんなことで自称小説家のモッヤン(アーロン・クォック)のアパートに住みついた。ところが階上にマンイー(ケリー・チャン)という娘が越してきてピアノの練習を始めて、モッヤンは苦情を言いに行き、その後なぜか姿を消してしまう。いつしかマンイーに恋してしまったガーフだが、マンイーから実はモッヤンにひと目ぼれしてアパートに引っ越してきたと聞かされ、ショックを受ける。やがてふらりと戻ってきたモッヤンはマンイーと仲直りして急接近、彼女と生活を始めてしまった。取り残されたガーフは言い出せない恋心をモッヤンが持っていた原稿用紙に書きとめ始め、3人の新たな人生が幕を開けた。

↑ gooさん 一部まちがってます。
モッヤンが ガーフのアパートに住みついたんです。
それに、モッヤンは苦情を言いに行ったあと 姿は消さずに、マンイーといい感じになっていくんだけどなぁ~

肩のこらないラブストーリーです。(ネタバレ)
[PR]
by mayukw | 2007-01-31 13:50 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(5)

夏物語 レビュー甘口編

初見での採点は、主演俳優のファンとしては☆ふたつ…
満点はYahoo!レビューと同じく☆5つとして。

はっきり言って かなり辛口です、私(笑)。
でも いいとこもある…甘口もあるの。

いまから書くレビューは
イ・ビョンホンのことをあまり知らない人にこの映画を勧めるなら という前提で
書いてみます。

ネタバレなしなので、Moreに隠さず書きますね。

36歳のイ・ビョンホンがみずみずしい演技で大学生を演じています。
きっと彼自身の大学時代は こんな感じだったんだろうなぁ~と思わせる自然体。
日本映画だったら 36歳の俳優に大学生はさせないでしょう…たとえば 吉岡くんとか、もうちょっと若くて反町隆史?…う~んありえない(笑)
なぜ ビョンホンなら こんなにピッタリはまってしまうんだろう?

お茶目でカワイイビョンホン満載!
これでもか これでもか~っと サービスショット連続。
親友役のオ・ダルスがアップになるたんびに、あぁ やっぱり BHカッコイイ!と思うんだ(爆)
気の毒な引き立て役でした…映画のなかの役柄も。

c0073649_21201773.jpg村の人を集めての映画上映会で、ジョンインとふたりだけ「別部屋」で鑑賞するシーン。
サァッとカーテンを引いたときの表情が ふたりとも晴れやかでよかったなぁ♪

後半、暗雲たちこめ ふたりは引き裂かれるのですが
やっぱり泣かずにはおれない、ソギョン裏切りシーン。ジョンインの表情がたまらない…すべてを目で語っています。

映画に感動するということは
登場人物の誰かひとりでも共感できたときに起こる感情だと思います。
夏物語の場合、なんといってもヒロインのジョンイン。
自己主張の激しい女性が多々登場する韓国映画&ドラマのなかで
めずらしく、愛する人のために身を引く犠牲的な女性。
不幸な身の上ながら、強くたくましく、つつましやかに生きている女性。
ひと夏の身を焦がすような恋に 感情を抑えきれず
街まで付いてきたけれど 時代の波に翻弄され 辛い別れを経験する。
ソギョンと別れてからのジョンインは どんな毎日を過ごしていたのかな。
小学校教師になった彼女は 写真のなかでは明るく微笑んでいたけれど
短い生涯で、「その年の夏」の経験を後悔することはなかったのかしら。
思いを馳せるのは ジョンインのことばかり…。

c0073649_0454940.jpg初めてその演技を観たスエは
ビョンホンが「この人でないとあり得ない」という通りジョンインそのもので、期待通りの女優さんでした。
「古典的」という代名詞が彼女についているようですが、まだまだ可能性を秘めているように思えます。いろんな役柄に挑戦していってほしいですね。

これが、私が「この映画はジョンインが主役だったら よかったのに」と思った所以です。

さぁ…次は…辛口!
[PR]
by mayukw | 2007-01-29 23:27 | ドラマ・映画 | Trackback(2) | Comments(26)

「半熟」夏物語カレー 辛口?甘口?

おはようございます。
今日もあと10分で幼稚園に出勤です。

土曜日は「夏物語」観て来ました。
封切初日に映画に行くのは初めてだったかも…。
私の行ったシネコンは1日3回上映、カレーのプレゼントはありませんでした。
前売券も発売されなかったので、グッズ系はいっさいもらってません。

先入観もあり、ちょっとだけ漏れてくる情報もあり、で
真っ白な状態で観たわけではありませんが
よくある映画レビューのように ☆をつけるとすると

ビョンホンファンとしては ☆☆
ファンでなければ ☆☆半

といったところでしょうか…
ファンでないほうが 甘口なのは、ほかの韓流映画と比べると マシなほうだと思うからかな。

帰宅後、ゆっくりと 書きます。
まずは 甘口からかなぁ~
[PR]
by mayukw | 2007-01-29 09:50 | ドラマ・映画 | Trackback

夏物語 初日プレゼント!

何かが変わると信じて流した、熱い涙。あなたはおぼえていますか?

c0073649_21501083.jpg

1969年、政治の季節。生涯一度だけの愛に出逢った…

明日、人生最高の夏が甦る!そうです。

"国民的恋愛映画"誕生!だそうです。

「イ・ビョンホンが切ない。
人には、誰も、もう一度会って"あやまりたい人"がいるのではないだろうか?」
by 秋元康(作詞家)

…だそうです。

初日、先着120名にグリコ「2段熟カレー(100g)」をプレゼントしてくれるそうです(爆)
私が行く予定の劇場では くれません…て、欲しいんかいっ!!

以上、本日の夕刊広告でした。
「どろろ」に大きさ負けてるしぃ~~!

イ・ビョンホンファンになってから観る3本目の新作映画です。
どんなんかなぁ~♪
[PR]
by mayukw | 2007-01-26 21:59 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(15)

ぷいぷい河田くんインタビュー

↓「おはよう朝日です」でのインタビューレポを追記しています。(1/25)

c0073649_626687.jpg夕方の「ちちんぷいぷい」では「MBSのイ・ビョンホン」として一部の人に有名な(?)河田直也アナウンサーによる独占インタビューがありました。私は一昨年の夏におはなし夢広場というMBS主催のイベントに参加して、この方と面と向かうチャンスがありましたが、顔の小さいさわやかな男前でしたよ~似てると思って見れば 似てる(笑)。
BHは甘人のときにインタビューした彼をちゃんと覚えていました。なぜか 見てる方もホッとしたわ(笑)。


c0073649_6263720.jpg河内ワインをお土産にもらってポーズ。ちゃんとカメラ目線です。この表情よかった♪
インタビューは河田くんがBHに似ているとよく言われるので合コンで得してます…から始まって、お酒の場が好きですか?など。答えはいつもと同じでした(知ってるよね)。質問項目にはBHサイドからのNGが多いらしい…映画が恋愛物語だからといって、自身の恋愛観について聞くなとか…
ふぅ~ん…いつのまにそんなにお高くなったん?日本でだけやんねぇ?そんな縛りあるの。
あと、映画のなかで60歳を演じていることについて触れ、番組司会の角さん(62歳)がいくつになっても女の子としゃべるのが好きなんだけど どう思う?なんて聞いてました。「年下の私がこんなことを言うと生意気かもしれませんが…健全な方だと思います」だって。あいかわらず優等生な返答だこと!


c0073649_633199.jpg
ピンクのセーターからうってかわって、シックなスーツブレザーに白Tシャツ、襟元にスカーフのようなマフラーのような…まぁ、きっとこれもスタイリストの選択なのでしょう(笑)。
BHはインタビューの最中に ふっと見せる表情がとてもチャーミングな人。いまさら言わんでもわかってるがな…というところですが、いざキャプろうと思うとなかなか その瞬間を押さえられません。いっぺん やってみ?(笑)
[PR]
by mayukw | 2007-01-25 00:25 | 千の顔を持つ男 | Trackback | Comments(18)

1月のフラワーアレンジ

c0073649_1455431.jpg
ラナンキュラス、カーネーション、スイートピー、ブプレニューム、レモンリーフ
[PR]
by mayukw | 2007-01-24 14:54 | 手作り | Trackback | Comments(0)

かわいいピンクです

追記しました。(1/25)
c0073649_20431555.jpg
みなみさんをはじめ、おは朝を見られない地域のみなさま、お待たせしました。
今朝のおは朝インタビューは宮根さんではなく小林よしかちゃんでしたが面白かったで~す!
時間ないのでとりあえずサービスショットのみだけ携帯から。
そのうち動画見れるんとちゃう?(笑)

とりあえず静止画像追加
[PR]
by mayukw | 2007-01-24 09:25 | 千の顔を持つ男 | Trackback | Comments(6)

ちょこちょこ 感想…おぼえがき。

今週も忙しいので ちょっと時間あるうちに書き留めます。

先週の「芋たこなんきん」で出てきた野村寛司くん役の平田 満…
少年時代の寛司くん役の子がお気に入りだったので ちょっとガッカリ?!
平田さんは平田さんで好きなんだけど、少年役の森田直幸くんがあまりによかったので、大人になってからのイメージが違った…というところです。
c0073649_9281817.jpgc0073649_9282968.jpg


同じく、カモカのおっちゃんの長女・由利子役は 中学生のときの子がかわいかったから
高校生になって はじけ過ぎ?な感じになっちゃって あらあら…。
うちの娘たちも「前のお姉ちゃんのほうがよかった」といいます。
あ~んど!
三男・隆役も ちっちゃい時の子がかわいかった~!野球少年になっちゃった。
次男・登役は あのまんま大きくなったかんじでgood!

c0073649_9512191.jpgゆうべは録画しておいた「華麗なる一族」を見たあとに 続けて映画「火宅の人」を観ました。
どちらにも原田美枝子が出ていて、役柄の違いにほぉほぉ~
すっかり忘れてたけど、この映画いちど観たおぼえあり。
放蕩するんだけどやっぱり家庭に帰ってきてしまう、「チチ」緒形 拳がとてもいい。
あんな ものすごい家庭に育った割に、檀太郎さんも檀ふみも とても「温かい」仕事をするのは
やっぱり お父さんのことが大好きで、家にいるときは思いっきり愛情を注いでもらったからだろうと推察しました。
深作欣次監督作品。
思えば この監督の映画は…ハダカ満載(笑)。
先日の「愛ルケ」のベッドシーンなんて ちょろいもんです…美しいもんです。

そうそう、「火宅の人」は いしだあゆみ もとてもいい。
この人でなければ…という役柄で、「芋たこ」の八木沢さんにどことなく似てる。
それから松坂慶子。
「蒲田行進曲」の役をそのまま持ってきたような役だけど、かわいい。
「火宅の人」は 女優3人が それぞれの持ち味で3人3様、魅力的に演じて盛り上げている映画だと思います。同性から見ても どの女性もかわいくて共感できる。
自分なら このタイプ…?とあてはめてみたりして。

というわけで、20年前の邦画もいいですよ~!
[PR]
by mayukw | 2007-01-22 09:28 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(5)

愛の流刑地

c0073649_16213425.jpg今年に入って初めての映画鑑賞。
12月に劇場招待券をもらって1月いっぱいいけるだろう…
ラッキー!「DEPARTED」をこれで観よう!と思ってたら、なんと昨日までの有効期限!
ひぇ~っ!!と すべりこみで観ることになりました。

内容的に テレビでやるとしたら深夜もしくはカットだろうなぁ~と思ったので
「硫黄島からの手紙」よりも「愛の流刑地」を選択。
ひとりで観にいくのにピッタリだったかもしれない。

人の妻として母として、そして ひとりの女性として
いろいろ考えさせられた映画でした。

公式サイトはこちら

感想
[PR]
by mayukw | 2007-01-20 17:56 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(9)

フミヤはん

c0073649_23533453.jpg
びっくりした??
ここで これを見るとはって?

今晩は時間があるのです。ネットできる環境(←なんじゃそら)なのです。
おっかけ卒業だ~い といいながら、まぁ ちょっとは気になるものです(爆)

フミヤはん、ちっちゃ!!
願わくば、いつも BHのおそばにいてほしいものだわぁ~(ひどい)
それにしても…なんだか アーチストというよりは、作曲家ふう?

肝心のBHはんは…
これが ウワサのモンチッチ?(笑)
うーむ…もうちょっと 前髪長いのが好み。

夏物語、どんなんかな~?月末に鑑賞予定です。
誰ひみ、甘人に比べると 上映館少ないし、テレビの露出が減ったね。
地上波か衛星波で特番ないのでしょうか…?
ニュースなんとかみたいなのにゲスト出演は もうないんだろうな…あれは「韓流ブームの立役者」としてのインタビューだったから。
1日の取材本数60本、というのは もうないんだろうな。
ジウちゃんと一緒に出た「ぴったんこカンカン」が懐かしい。←遠い目

「おはよう朝日です」では 宮根さんがインタビューしたものを 来週の水曜日にオンエアするそうです。
宮根さん、今度は何 突っ込んでくれるんでしょう。楽しみです。
[PR]
by mayukw | 2007-01-18 00:14 | 千の顔を持つ男 | Trackback | Comments(8)


vocal&pianoユニットMère(メール)のピアノ弾き。 私のお気に入りをちょこちょこと書き綴る日記です。


by mayukw

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

最新のコメント

> あやさん はじめま..
by mayukw at 11:52
はじめまして>__
by あや at 21:56
>ゆうさん この記事は..
by mayukw at 00:32
イッツアスモールワールド..
by ゆう at 12:09
ホームステイの受け入れは..
by 1go1ex at 16:20

最新の記事

この1年の近況報告
at 2016-06-02 17:44
Mother's day
at 2016-05-08 20:50
リフォームのこだわり その②
at 2015-04-07 22:49
リフォームのこだわり その①
at 2015-03-28 00:47
旅立ち
at 2015-03-07 00:09

記事ランキング

カテゴリ

とっかかり
徒然草(日記)
おでかけ日記
ドラマ・映画
テレビ
ことば
音楽
絵本
本・コミック
舞台
おいしいもの
手作り
千の顔を持つ男
美日々であそぼ
美しき日々 年表
キャプテンが天職の男
掲示板
プロフィール
コメントデビューの方へ

タグ

(235)
(206)
(108)
(100)
(99)
(94)
(82)
(77)
(69)
(59)
(43)
(39)
(38)
(37)
(33)
(33)
(32)
(29)
(26)
(24)

以前の記事

2016年 06月
2016年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
more...

お気に入りブログ

ぐうたら主婦のつぶやき
**ぞっこん ビョンホン...
メルと歩けば
魅惑のパオ★パオルーム
asa92's bird...
和、輪、話
LUNAママのぷれしゃす
More Than Words
arbre*blog
一枚の し・...
putti's room...
京都西京区桂の雑貨店おや...
Florence*non...
Double*Mのフタリゴト
まりのシネマブックストーリー2
雑貨ハイジ堂
日々の散財
ウレシイ♪ タノシイ♪ ...
手作りぱんと雑貨のtec...
easygoing
かふぇ どま 悠々
ちくちく 高槻市天神町...
優子のつぼ
Happy HanaDay
Special Than...

link(エキサイト以外)

最新のトラックバック

往年の名作ドラマを201..
from dezire_photo &..
清洲会議
from たまりんの気ままなPC日記
【ネタバレあり】「エイト..
from 働く人々~シブトクつよく明る..

検索

ファン

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧