The Covers 第1回

クオリティの高い音楽番組が始まりました!

NHK BSプレミアム 毎週日曜日 22:50~
The Covers

昭和の名曲を、今をときめくアーティストが生演奏でカヴァーする音楽番組です。
司会はリリー・フランキーと夏菜。
リリーさんは私たちと同世代で 昭和の歌謡曲をリアルタイムで聴いて育った人。
平成生まれの夏菜ちゃんが いい感じで新鮮な感想をコメントしてくれます。

第1回のゲストは
リリーさんとも仲良しの斉藤和義でした。
この方も同世代です(ていうか、タメやし・笑)

来たねー!一発目はジュリーでしたよ!
「ダーリング」を歌ってくれました。
斉藤くん(いきなりタメ感覚)、小学校5年の頃って言いましたかね…そうそう、私もそうです(笑)
リリーさん「あの頃の小学生男子でジュリー嫌いなヤツいなかったよね」
小学生なりに、ジュリーに色気を感じて こんなオトナの男になりたいと思ってたと。
わかるわー 私もジュリー大好きなオマセ小学生でした。

この「ダーリング」は 彼のカヴァーアルバム「紅盤」に入ってます。
「スローなブギにしてくれ」とか「キャンディ」も入ってて 昭和の匂いぷんぷんします。
カッケー!!ですよ。おススメ。

そしてもう1曲、何を歌ってくれたと思う?

梓みちよの「二人でお酒を」でした。

これがまた、司会の横のステージ(ちょっとカラオケ舞台風)で
ギター弾き語りでやってくれました。いいなぁ…傍で聴いてみたい!
この曲、ギター1本で歌うと すっごいオシャレになるんです。
リリーさん「いいねー お酒のCM来るよ」って(笑)

出演は3人だけ。バラエティタレントとか一切なし。
カヴァー曲2曲と アーティストのオリジナル曲が生演奏で楽しめます。
こんな番組、待ってたんだよなー
カヴァー曲歌って当てようとしてる無名の歌手とか どーでもええねん。
それはただの「カラオケがうまい人」でしかないから。

斉藤和義みたいな、その歌声を聴くのが楽しみな
ある意味「クセのある」歌い手が 他の人の歌を歌うとどんなふうになるのか?
というのが、本来のカヴァー曲の楽しみなんです。
前にも書いたけど、矢野顕子がその天才なんです。

そんな嬉しい番組の 第2回のゲストが…ですよ、みなさん。

私の大好きな関ジャニ∞のリードボーカル・渋谷すばるなんですよ!!
これ、すごいでしょ?いちアイドルが 斉藤和義の次、ですよ?

すばるくんの歌、ものすごいクセがあるので好き嫌いはっきりしてます。
私は好き!なんですよ。だから関ジャニ∞が好きなんだ。

もう番組紹介で発表になってるから ネタバレしちゃいますけど
欧陽菲菲「ラブ・イズ・オーヴァー」と
RCサクセション「スロー・バラード」
この2曲を歌ってくれるそうです。スローバラード キタ――――――――!!!

ラブイズオーバーはたしか、
彼のお母さんがいつもカラオケで歌うから 自分も歌うようになった
と どこかに書いてあった記憶があります。
スロー・バラードは数あるRCの曲のなかで 私が一番好きな楽曲でして
これを歌うのに ハンパな人は許せません。
矢野顕子のコンサートでは ゲストの奥田民生が歌ってくれて泣きそうになりました。
それ聴いたときに、「すばるにも清志郎の曲、いつか歌ってほしいなぁ」と思ったのが
こんなに早く実現するとは。

あー楽しみ!!

fumiQさん みなみさん
来週日曜、BSプレミアム お忘れなくーー
今回は告知しておくよ(笑)
[PR]
# by mayukw | 2013-10-21 13:22 | 音楽 | Trackback | Comments(14)

SMAP GO!GO!

かつて、オットはSMAPのことを「平成のドリフターズ」だと言いました。

昨日のフジテレビ開局55周年記念特番は 本当にそのことを証明するような内容で
久しぶりにバラエティ番組を見て おもしろいなぁと感心しました。

4時間半の内容はてんこ盛りで

①SMAPの歴史 秘蔵映像とともに振り返り
②震災で結婚式を挙げられなかった1組の夫婦にサプライズ
③ビストロSMAP
④三谷幸喜脚本の生ドラマ「古畑任三郎×SMAPの13年後」

…こんな4本立てで、どっから見てもおもしろかったと思う。
最近の番組改編期特番は3時間、4時間があたりまえで
たいがいは 同じような面々のお笑い芸人とテレビだけで活躍するタレントで構成され
新ドラマの俳優がお飾りで出ている…というワンパターン。
最後まで観た試しがない(笑)

SMAP GO!GO!の出演者は SMAPの5人以外に
●岩手県のホテルマン夫婦と 同僚のホテル従業員の方々、ご家族、お友達
●浅野ゆう子と浅野温子
●戸田恵子(ドラマに出演)
●三谷幸喜(ちらっと姿だけ)
これだけ!!
お笑い芸人いっさいなし。
SMAPがすべて司会進行、料理も被りもんも歌も演技もコメンテーターもこなす!
これってすごくない??

圧巻は最後の生ドラマでした。
1999年の「古畑任三郎×SMAP」は鮮明に覚えている特番ドラマのひとつで
アイドルをそのまんまの設定で使ったドラマとしては
他の追随を許さない作品でした。
その続編というか その後を、いま、生でやるという。

生って…?テレビ創世記にやっていたというアレですか?
そんなんできるん!?
まぁ、生なんだったら15分くらいの短編なんだろうとは思っていたけど
そういうの書かせたら 三谷幸喜って抜群のセンスを発揮するやん?

期待通りでした。
セットが凝りに凝っていて。これ、どうなってんの??というくらい。
あとで木村くんが明かしていたけど
ドラマのスタッフさんは フジテレビドラマ班のチーフクラスの人たちばかりで
「ウルトラ兄弟大集合か!?」と思うくらい、オールスター勢ぞろいだったらしいです。
そらそうやんね?
生ドラマなんか 今時どこの局がやってる?NHKでもないよ。
失敗は許されないのはもちろん、そのドラマに関わる人すべてが
お互いを信用してないと絶対にできない。
酸いも甘いも知り尽くした大ベテランが ここぞ!とばかりに出てきはったんやろなぁ。

フジテレビがSMAPに社運を賭けてる(笑)のも よくわかりました。
この前のSMAP×SMAPでの
シングル50曲40分ノンストップメドレーをやらせるってこともその一つだし
またそれをやってみせるSMAPも ホンモノのエンターテイナーですけど。
フジとSMAPの信頼関係を 15分の生ドラマの成功にまざまざと見せつけられました。

SMAPの25年の歩みをフジテレビが見守ってきたという自負がありありと出てましたね。
番組前半の秘蔵映像はダテじゃなかったとよくわかるんですよ。
生ドラマ終了後の締めに 中居くんが
「あのVTRを見てもらってわかったように、なんにもできなかった僕たちを
こんなことができるようになるまで育ててもらった」
と言いました。
この一言に集約されてたな…。

そしてその25年を見守ってきた私たち世代、
子どもの頃、テレビでドリフを見て育った世代です。
おもしろいこと、楽しいことは ネットじゃなくてテレビが情報源でした。
昨日のSMAP特番は バラエティ番組を本気で作ったらこんなにおもしろいんだということを
思い知らされた番組であり、
やるやん…さすがフジテレビ!と思いました。

番組の一番最後に、「JOY!」を歌いながら
フジテレビのかつての人気番組にSMAPが出演するというシチュで
ものすごーくリアルにCG合成された映像が流れました。
なるほど!ザ・ワールド、夜のヒットスタジオ…
芸人やしょーもないタレントが雛壇にズラリと並んでいる番組なんか どれひとつなかったよ。
お笑い芸人ばかりしか出てない番組は、それはそれで好きなんだけどね…
[PR]
# by mayukw | 2013-10-01 10:13 | テレビ | Trackback | Comments(8)

レ・ミゼラブル 久しぶりの観劇記

c0073649_22162135.jpg
今年、映画を観て(感想はこちら) やっぱり舞台を観たくなりました。
20年ぶり…でしょうか。
大阪公演 公式サイト

今回の大阪公演は 新生フェスティバルホールにて。
あのすばらしい音響のホールで
生オケで 生歌で…
こんな贅沢なことってあるでしょうか?
そのうえ、席は前から6列目のど真ん中でした!
望遠鏡要らず。

正直、今回のキャストはほとんど知らない人ばかりでした。
唯一と言っていいくらい 知ってるのは…
ガブローシュ役の加藤清史郎くん。
でも子役のキャストだけは あらかじめ発表されていないので行ったとこ勝負でした。
1幕目の最後のほうにやっと出てくるガブローシュ…清史郎くんでした!!大当たり♪
かわいかったぁ~歌も上手!
思わず、初演でガブローシュを演じていた山本耕史のことを思い出しました。
清史郎くんも 20年後、どんな俳優になってるかな?楽しみです。

今は無き梅田コマ劇場公演を3回観て、
あのぐるぐる回る盆回しの演出が目に焼き付いていたので
今回の演出はいろいろ新鮮でした。
まず、一番最初のシーン、囚人たちが何か重いものを引っ張っていたところは
今回、大きな船を漕いでいました。
新しい演出では バックスクリーンにCG映像が映し出されているのです。
昔、そのシーンで引っ張っていたのが船だったのかどうなのか
なんせ照明が暗かったので よく覚えていません。
映画では巨大な船をドックに引き入れるために 引っ張ってましたが
やっぱり船だったのかな?

盆回しがないおかげで ずいぶんセットも変わっていたように思います。
例えば、象徴的な「バリケード」
2幕が開いたとき、このバリケードが舞台の真ん中にそびえたっているので
強烈な印象があるんです。
今回はバリケードは2幕の途中で 左右から登場します。
昔の演出ではアンジョルラスが撃たれるシーンは、このバリケードの向こう側に落ちて行って
戦闘終了後、盆が回って裏側が見えると
逆さ吊りになっているアンジョルラスが見えるというのがカッコよくて特徴的だった。
映画もそうなってました。
今回の演出では盆が回らないので バリケードが左右にはけて
後ろにあった荷台にアンジョルラスが頭を下にして載せられてるという風になってました。
これはちょっと…ちょっとなぁ。

それから、ジャベールが投身するセーヌ川の橋。
昔は 高い位置に橋があって、そこでひとしきり「Stars」を歌った後
橋の向こう側に飛び降りる…という演出でした。
今回は 橋の欄干は目の高さにあって
飛び降りるときに 欄干は上に吊り上げられていき、
バックスクリーンのCGが下から上へ上がって 飛び降りているように見える演出。
ジャベール本人は 手足をバタバタさせて飛び降りてる感じを出してます。
そんな感じで、CGを利用してることが演出にイマドキ感あり。

キャストで印象的だったのは ジャベール役の吉原光夫。
歌うまかったー!カラダも誰よりも大きくて威圧感あったし。
てっきり音大出の声楽家だと思ってたけど、劇団四季出身でしたわ。

次にマリウス役の原田優一。
マリウス役の人っていつも優男で 線が細くてあまり好きじゃないんだけど
この人はなんだか初めて、マリウスがいい男に思えた(笑)
経歴によると、私が最後に観た94年の公演でガブローシュをやっていた人だった!

テナルディエ役のKENTARO。
これもなんだか、初めて見たようなテナルディエでした。
ミョーに色っぽい…(笑) 
テナルディエというと、枯れたおじいちゃん的なイメージがあったので。

ファンテーヌの知念里奈。
この名前は知ってた…いつのまにかミュージカル女優になっていたのね。
上手いんだけどね、私のイメージのファンテーヌではなかった。
どちらかというとエポニーヌをやってほしかった感じ。

舞台の話に戻りますが、やっぱりミュージカルは感動のポイントが違いました。
映画はストーリーに感動した。
舞台は「そこにいること」への感動とでもいうのかな。

大好きな1幕のラスト、主要キャストそれぞれの想いが4重唱、5重唱となり
♪明日が~来~れ~ば~ 
と歌い上げるところ。(「One day more」)
足元からぞわ~~~っと鳥肌が立ちました。

 これ、鹿賀さんのバルジャン。懐かしいな。

ここを観たいがために、このミュージカルを観に行ったといってもいい。
20年前、私をミュージカルの虜にした作品は 健在でした。
[PR]
# by mayukw | 2013-09-17 23:16 | 舞台 | Trackback | Comments(6)

Endless SHOCK 観劇記

c0073649_14165861.jpg
NHK BS 少年倶楽部プレミアム映像より 4月の帝劇公演

3年前にたまたま観たドキュメンタリー番組に感銘を受け
堂本光一主演の「SHOCK」という舞台を 一度観てみたいな…と思っていました。
その番組を観てすぐに書いた記事は こちら

でもこの人気公演は東京でしかやっていないうえに
ジャニーズ関連の舞台でチケット入手が最困難と聞いていたので
まぁ そのうち観れたらいいなぁ…と呑気にしていたら。
↑の記事を読んで 私が観たがっていると気にしてくれていた方が声をかけてくださいました。
初の大阪公演が9月から始まったのです。
長い間 ブログを書いていると時々、こんないいことが訪れます。
「観るべきものは いつか観れる」
またひとつ、実現しましたv
pさん ありがとうございますm(__)m

pさんに「遠慮なく、正直な感想を書いて」と言われているので
感じたままの感想を書いていきたいと思います。

More
[PR]
# by mayukw | 2013-09-09 14:24 | 舞台 | Trackback | Comments(4)

九州旅行①北九州・門司港

この夏、久しぶりに長期家族旅行に行ってきました。
長女が中学生になってから、夏に揃って旅行できなくなっちゃったので
2009年のハワイ以来(なつかしぃ~こちら)です。

家族全員が大人料金になってしまったので 海外はそうカンタンには行けません。
今回はオットがかねてより行きたがっていた九州へ。
全行程マイカーで行ってまいりました!
実は、このマイカーで初めて行った家族旅行の記録もブログに残しています。(2006年7月30日 讃岐の国へ31日 阿波の国へ )
後ろ姿で写っている姉妹、小3と年長。はぁ…長い間ブログやってる私。エライ!

1日目は幼なじみの姉妹が住む北九州にお昼に着くように家を出ました。
夜中の3時に出て1時間ほど事故渋滞に巻き込まれ、予定通りの12時着。
c0073649_1723315.jpg
関門橋を渡って九州へ

姉妹は行きつけの地元料理のお店を予約して待っていてくれました。
c0073649_17233146.jpg
九州はやっぱり刺身がおいしい!
ひろみちゃん うちの家族の好み、ちゃんとわかっててくれてありがとうね。
ごちそうさま~♪
c0073649_1726395.jpg
それぞれの子ども達、久しぶりに会ったり初めて会ったりだけど
すぐに仲良くなってました。

c0073649_172715.jpg
食後、炎天下の門司港へ。
陰が全然なくて、あっついのなんのって!!
c0073649_17264259.jpg
門司港タワーに登って景色を堪能。
こちらは関門橋。
c0073649_17264820.jpg
こちらは巌流島方面。
向こうにうすーく見えてるのが巌流島だそう。
c0073649_17342017.jpg
後ろにそびえているのが門司港タワー。
周りにはレトロな建物もいっぱい。
JRの門司駅もレトロ建物らしいんだけど改装中で見られず。

姉妹の八幡の実家へ立ち寄り、ご両親にご挨拶。
約20年ぶりの再会を果たして 博多の宿へ向かいました。

c0073649_17415771.jpg
夕食はタクシーで中洲の屋台へ。
熱帯夜だからビールがすすむすすむ!
汗をかきかき、牛タン、おでん、ラーメンを食べました。

c0073649_17432861.jpg
福岡ドームの目の前のホテル。
玄界灘がうつくしい…!


2日目は長崎へクルマを走らせました。
つづく。
[PR]
# by mayukw | 2013-09-02 17:47 | おでかけ日記 | Trackback | Comments(6)

私の時間

 「平日の主婦の行動はパズルよ」と、かつて専業主婦の先輩に教えてもらった。

一日24時間はパズルの台紙。
そこに「家事」「子育て」「趣味」といういくつかのピースを毎日組み替えるようにして
パズルを完成させていくのだと。
 
子どもが幼稚園に通っていた頃、限られた自由時間のスペースを細かくピースに分けて、
いかにうまく組み合わせることができるかを楽しんでいたものだった。
その後もピースを増やすのに夢中でいろんなことに挑戦し、スペースの拡張をいつも望んでいた。
 
小学校、中学校に進学するにつれて自由時間のスペースは徐々に増えていく。
そうすると不思議なもので、かつてあんなに欲しかった延長時間を埋めるピースが見つからない。
いつでもできると思うと、こんなにも興味が薄れるものなのか。

子どもはいつか巣立っていく。が、代わりに「親の介護」「健康保持」などの新たなピースも加わるだろう。
延長時間はいつまでもあるわけではないのだ。
今、自由時間が一番長いうちに「私の一日」というパズルを華やかに彩るピースを見つけて
日々完成させていこう。


********************************************

以上のエッセイが 8月1日発行の某市生涯学習だよりvol.51に掲載されました。

何回も推敲したつもりだけど、なんかイマイチ…
まだまだでんなぁ(T_T)
[PR]
# by mayukw | 2013-08-07 23:42 | 徒然草(日記) | Trackback | Comments(9)

風立ちぬ

c0073649_23203372.jpg
作品名風立ちぬ
監督名宮崎駿
評価(星4つ)


<あらすじ>
大正から昭和にかけての日本。戦争や大震災、世界恐慌による不景気により、世間は閉塞感に覆われていた。航空機の設計者である堀越二郎はイタリア人飛行機製作者カプローニを尊敬し、いつか美しい飛行機を作り上げたいという野心を抱いていた。関東大震災のさなか汽車で出会った菜穂子とある日再会。二人は恋に落ちるが、菜穂子が結核にかかってしまう。


公開2日目に家族で観てきました。
オトナのジブリですねー 「紅の豚」以来じゃないでしょうか。
ラブシーンが何回もあります。
なんとお布団に入るシーンまであります。これにはびっくり。
「ポニョ」や「アリエッティ」の流れで 小学生の子どもに連れてってーと言われたら
お父さんお母さん、ちょっと考えてください(笑) いろいろ答えに困りますよ。

そんなことは下世話なことですが
ほんとうに 小学生にはちょっと難しいかも。
まず、大正から昭和初期、太平洋戦争に至るまでの日本の情勢を基礎知識として持っていないと。
うちの中学生でも いろんなところで首ひねってました。「特高」とか知らないし。

でも、宮崎監督が新聞のインタビューで応えているのを読みました。
「僕たちが子どものときに観ていた映画は必ずしも子ども向きではなかった。
わけもわからないで観るという体験も必要」
ということを言っていて、なるほどそうかもしれないと思いました。
大人になって 「あの映画で言ってたのはこのことだったのか!」と気づいてくれれば。

私はこの映画をちゃんとした大人として観て、いい映画だと思いました。
リアルでもあり ファンタジーでもあり。
ところどころ「夢」のなかで憧れの人物と話すシーンが出てきますが
実在の人物がモデルで ストーリーも史実通りなので
リアルになりすぎない、ジブリらしい工夫だなと思います。
そのシーンが 主人公の「飛行機への憧れ」と「戦闘機を開発したこと」との葛藤について
ぼんやりと描いているような気がして 余韻を残しました。
ラストの「一機も戻ってこなかった」という主人公のつぶやきが耳に残っています。

主人公の親友役の声が西島秀俊なんですが とってもよかった♪
実写になるようなことがあったら ぜひ彼自身に演じてほしい、熱い男でした。
ちなみに主人公は誰かなと考えて いま思いついたのは瑛太。
理系の飄々とした感じと 愛する人への一途さを上手く演じてくれそう。
ヒロインは誰がいいかなぁ…声を演じた瀧本美織ちゃんはちょっと幼すぎるかな。

c0073649_2353412.jpg
主題歌は名曲「ひこうき雲」。
さっそく 次のライブでやります。今でしょ!?(笑)
ユーミンがピアノのみで弾き語っている演奏をコピーするつもりです。

余談ですが 「シベリア」というお菓子が出てきます。
なんじゃそら? 絵からするとカステラのあいだにアンコがはさんであって
なんか どこかで見たことあるような気がするんですよね。
近所のパン屋さんに フレンチトーストのアンコサンドみたいなのがあるんですが そんな感じなのかな。
まとめサイト→こちら

[PR]
# by mayukw | 2013-07-31 23:12 | Trackback | Comments(2)

100回泣くこと

c0073649_1532717.jpg
作品名100回泣くこと
監督名廣木隆一
評価(星3つ)
1回しか泣かなかった…
主人公が「1回だけ泣いていい?」というところです。

ストーリー展開にもうちょっとひねりが欲しかったな。
大倉くんと美玲ちゃん目当てのティーンズには ちょうどいいかもしれないけど。

「純愛中毒」という映画を思い出しました。
あの映画の最後の最後の事実発覚が背筋をゾッと凍らせたように
藤井くんの部分的記憶喪失は実は…という大どんでん返しがあれば
もうちょっと印象深かったかもと。

いや、そういう主旨の作品じゃないから!
ピュアなラブストーリーだから!
韓国映画と比べたらあかん(笑)

藤井くんを演じる大倉忠義、よかったです。
演じてる感じがしない。
普通の男の子の役ができるって、アイドルのなかでは希少だと思うので
どうぞこの路線で重用されてほしいものです。
桐谷美玲ちゃんも、いつものアイラインくっきりより
ほぼスッピンのこの役がかわいくてよかった。
鼻声がちょっと気になるな…

3軒出てくる家の、どのインテリアにも目が行きました。
センスのいいスタイリストさんが入ってるなという感じ。


[PR]
# by mayukw | 2013-07-22 15:13 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(2)

うたうで!おどるで!THE カヴァ☆コラTV

やってくれました~\(^o^)/

この日をどれほど待ち焦がれたことか。

こういうのを観たかったのよ~!!!
「夜はヒッパレ」を思い出しました。芸人がやたらギャラリーに出てる点でも(笑)

昔とった杵柄?の懐メロ歌手や バンドのドラマーが腕をふるうのを
横から見て やいやい言うだけの某冠番組じゃなくて!

ちゃんと音楽的に芸達者なところを 皆様の前で披露する番組をやってほしかったんです。
私が たくさんいるアイドルグループのなかから
特にこの人たちを好きになったのは そこなんだから。
もう5年、飽きずに見守っています…ほんとに飽きてないです。

番組の満足度は90%です。
ゼイタクを言えば もうちょっとこうしてほしかった…っていうのはあるけど
これはもしかして 半年にいっぺんくらいの定番になる?次がある?
と期待して 楽しみは置いておこうと思います。

観てない人のために、自分のためにも 何を見せてくれたのかを書き残しておきます。
長くなりそうなので たたみます↓

More
[PR]
# by mayukw | 2013-07-08 17:43 | テレビ | Trackback | Comments(13)

音楽のちから ざくっと感想

土曜日、12時間まるまる録画しまして
生で観られなかったところを 早送りしながらようやく観終わったところです。

「勇気づけられた歌」を1960年代から振り返ってみる企画は
70年代、80年代で知らない曲はないくらいでした。
私の世代って この番組のメインターゲットなんだろうな。

でも選曲に多少の偏りがあったことは否定できず…
たとえば サザンの曲にはいっさい触れてないし
2000年代の代表曲にも 歴代ジャニーズのヒット曲にも
SMAPはいなかったことになってるとかね。
業界の事情がはっきりと現れていたことが残念でした。
※これは どこの局がやってもそうなるんだけどね。

たくさんのアーティストが生で歌ったなかで 意外と感動したのは
海援隊の「母に捧げるバラード」
「贈る言葉」は飽きるほど聴くけど これってあんまりやらない。
この曲が生まれるまでのエピソードも披露されたのもよかったのかな。
ちょっと泣けました。桃井かおりのドラマも思い出しました。

あ!それから 「さらば涙と言おう」を聞いて
私のアイドル原点は森田健作だということを思い出しました(爆)
いまは千葉県知事なんですってね…?
「俺は男だ!」は日テレのドラマだったのね。
浜辺を剣道着で走るシーンに憧れた幼稚園児でした。>マジで

アルフィーの坂崎さんとTOKIOの城島くんの流しユニット
「坂崎茂」
これもよかったわぁ~
下町の商店街のおじさんやおばさんに募ったリクエストは
誰もが歌える名曲ばかりでした。
ex. 大空と大地の中で、サボテンの花、時代 など
レコード屋(CDではなくて)のおばさんが 豪華な流し2人組に感動してました。

ゆずが国立競技場で歌った「栄光の架橋」(2004年NHK五輪テーマ曲)
いきものがかりの「風が吹いている」(2012年NHK五輪テーマ曲)のPVも
国立競技場で歌ってたような…(苦笑)
どちらにしても スポーツの祭典の名曲が似合う場所だと思いました。
観客の入っていない静かな競技場に たった2人の声が響き渡って
これを聞けたスタッフさん どんなに気持ちよかっただろうな。

6時頃からジャニーズ色が強くなってきて。

嵐のひとりひとりが 各グループとコラボして
先輩のデビュー曲を歌い踊る という企画では
二宮くんとNEWSの「NAI NAI 16」が面白かった。
当時、ダサい振付だなぁと思っていたけど、今のコが踊るとそれなりにカッコいい。
最後に嵐が5人揃って「仮面舞踏会」を踊ったときは
これ 本気で全部通しで見てみたい!と思いました。
やっぱ この人たち、ダンスの揃い方がピカイチですわ。
少し前に「嵐にしやがれ」で ヒガシがゲストだったときに
ちょこっとだけ嵐がコラボでやったことがあって。
そのときはダンスだけど 大野くんにこの歌 歌ってほしいなーと思ってたから。
バックダンサーのピンクの衣装を着て Jr.になりきって踊った櫻井&松本コンビに目が釘づけだったけど(笑)

嵐といえば 138万人が参加したという(ホンマかいな)音ゲー企画。
うちは次女が一生懸命参加してましたが
私は どうやら今日ばかりは生で歌ってるらしい嵐の歌声を堪能してました。>なんのこっちゃ

関ジャニ∞がMCと パフォーマンスを繰り広げた
うたうで!おどるで!THE カヴァ☆コラ TV
については 別記事にします。(熱いです!)
[PR]
# by mayukw | 2013-07-08 15:42 | テレビ | Trackback | Comments(0)


vocal&pianoユニットMère(メール)のピアノ弾き。 私のお気に入りをちょこちょこと書き綴る日記です。


by mayukw

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

最新のコメント

> あやさん はじめま..
by mayukw at 11:52
はじめまして>__
by あや at 21:56
>ゆうさん この記事は..
by mayukw at 00:32
イッツアスモールワールド..
by ゆう at 12:09
ホームステイの受け入れは..
by 1go1ex at 16:20

最新の記事

この1年の近況報告
at 2016-06-02 17:44
Mother's day
at 2016-05-08 20:50
リフォームのこだわり その②
at 2015-04-07 22:49
リフォームのこだわり その①
at 2015-03-28 00:47
旅立ち
at 2015-03-07 00:09

記事ランキング

カテゴリ

とっかかり
徒然草(日記)
おでかけ日記
ドラマ・映画
テレビ
ことば
音楽
絵本
本・コミック
舞台
おいしいもの
手作り
千の顔を持つ男
美日々であそぼ
美しき日々 年表
キャプテンが天職の男
掲示板
プロフィール
コメントデビューの方へ

タグ

(235)
(206)
(108)
(100)
(99)
(94)
(82)
(77)
(69)
(59)
(43)
(39)
(38)
(37)
(33)
(33)
(32)
(29)
(26)
(24)

以前の記事

2016年 06月
2016年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
more...

お気に入りブログ

ぐうたら主婦のつぶやき
**ぞっこん ビョンホン...
メルと歩けば
魅惑のパオ★パオルーム
asa92's bird...
和、輪、話
LUNAママのぷれしゃす
More Than Words
arbre*blog
一枚の し・...
putti's room...
京都西京区桂の雑貨店おや...
Florence*non...
Double*Mのフタリゴト
まりのシネマブックストーリー2
雑貨ハイジ堂
日々の散財
ウレシイ♪ タノシイ♪ ...
手作りぱんと雑貨のtec...
easygoing
かふぇ どま 悠々
ちくちく 高槻市天神町...
優子のつぼ
Happy HanaDay
Special Than...

link(エキサイト以外)

最新のトラックバック

往年の名作ドラマを201..
from dezire_photo &..
清洲会議
from たまりんの気ままなPC日記
【ネタバレあり】「エイト..
from 働く人々~シブトクつよく明る..

検索

ファン

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧