タグ:イ・ビョンホン ( 99 ) タグの人気記事

久しぶりの韓国映画 王になった男

c0073649_2146472.jpg
作品名王になった男
評価(星5つ)


<あらすじ>
王と瓜二つだったために、毒殺の危機に怯える王・光海の影武者をつとめることになった道化のハソン。大臣たちの陰謀の気配が渦巻く宮中での不安から、暴君と化していた光海。ある日、病床についたことをきっかけに、妓生宿で腐敗した権力の風刺をしていたハソンが極秘の代役として王にすり替わる計画が実行される。
偽物の王が、本物の王に成り済まして政治の矢面に立つ15日間。その中でハソンは、最初は戸惑いながらも、次第に操り人形ではない民のことを考える真の王として周りを魅力していくのだが…



おもしろかったー☆5つです!
評価甘い?

以下、ネタバレなし感想をあっさりと。

韓国で観客動員1000万人(史上3位)を超えた作品というのは大いに納得です。
まず話がわかりやすい。
朝鮮半島の歴史にあまり明るくない外国人にも
中国・明との関係や その背後の後金の存在など、当時の国際情勢も地図の図解なしでわかったし
朝廷のしくみや法令の内容なども わざとらしい説明セリフなしで観客にわかるようにしてあります。

道化師が偽物の王を演じるうちに
本物よりホンモノの王らしくなっていく。
影武者に仕立てた張本人である都承旨(トスンジ 内務大臣のような政府高官)が
その姿に心動かされていく様子が
余計なセリフや大げさな演出はなく 役者の表情だけで表現されていました。
その都承旨役のリュ・スンリョンという役者が 亡き勘三郎さんに顔がとっても似ていて
声もいい声で 気に入りました♪
ビョンホンさんと同い年の名バイプレイヤーだそうで
二人でタッグを組んだ作品をまた観てみたいなぁ。

ラストシーンで 私の好きな「泣き笑い」演技を見せてくれたビョンホン。
冷徹な王と ひょうきんで心温かい影武者。
どちらも私の好きな「俳優 イ・ビョンホン」らしい演技で満足。
役者よし、脚本よし、ストーリーよし。お色気なし(笑)
一見の価値ありです。

余談ですが
告知で来日したときの「SMAP×SMAP」でのエレベーターコント
カッコよかったわぁ!
ああいう寸劇でキラッと光る人ですわ。
[PR]
by mayukw | 2013-03-01 21:45 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(6)

この映画 観たい!

c0073649_1474866.jpg
うっわー
この人の動いてるところ観るの、何年ぶり???
今朝「スッキリ!」で観ました。
相変わらず エエ声で。

時代劇観たかったんですよ~
ほんでほんで、二役ですって?
高貴な役と 下々の役と。
化ける役者が好きだから この異国の俳優さんが気になってたのに
いつの頃からか同じような役ばっかりで食傷気味になっちゃって。
こういうのを待ってたんですよ~

来月公開なんだそうです。王になった男
韓国映画史上3位(?あやふや)の観客動員数やねんて!
観に行くわ~♪

[PR]
by mayukw | 2013-01-29 14:13 | 千の顔を持つ男 | Trackback | Comments(6)

なんぼなんでも…昨日のIRIS

c0073649_1618585.jpg
フォトレッスン記事にたくさんのコメントありがとうございましたm(_ _)m

私は書くこと(しゃべること)が好きなので、
ブログを写真でがんばろう!と思ってるわけではなく
基本は「読むブログ」でありたいと心がけているつもりです。

私には視覚的に見せるセンスはありません(断言)
感じたこと、思っていることは ことばで表現したいので
芸術的な写真は はっきり言って よう撮りません。

でも、自分がそうであるように 世のネットサーファーは
やはり 美しい写真に惹かれて ブログなりHPを覗いてみようと思うもの。
新聞でも 写真なしの記事には なかなか食いつかないのと同じで
ブログも 文字ばっかりじゃ息がつまりそうになります。

「ことば」の補いになるような オアシスみたいな写真が撮れたらいいなと思います。

…で、今日はいつもどおり、ことばで吠えるでぇ~~!!

昨日のIRIS 見て なんじゃこれ?だった人 集合!!
[PR]
by mayukw | 2010-05-20 17:22 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(36)

昨日のIRIS

あちこちでブーイングが聞こえるドラマ「IRIS」ですが、
いちおうファンですから 毎週ちゃんと見てますよ~
「mayuさん 熱く語ってくださいよ~」とリクエストもいただいたので(笑)
語りましょう!!
そのかわり、甘辛両混ぜでっせぇ~~(^_-)-☆

まず、昨夜の4話で ちょっと見直したとこから。
昨夜は家事終了後、リアルタイムで9時40分頃から視聴。
「水戸黄門」だと そろそろ印籠登場の時間帯(笑)

びょんほん、追われてます!
パーカーのフードをかぶりうつむき加減で雑踏のなかをすり抜けていきます。
見つかりそうになって 荷物運搬人に早変わり!
おぉ~~ まさにスパイもの!
敵は数人、目を光らせています。なかでも キム・スンウの目が特別鋭い。
キム・スンウ、少年隊のニッキに見えます…(笑)
すれ違った瞬間、見抜かれて銃を向けられるっ!!
そこから 逃げる逃げる逃げる!!
右手を撃たれて血を流しながら 恋人の待つ駐車場へ…
たどり着いた瞬間 目にしたものは 恋人が乗っているはずの車の爆発炎上。
呆然とするびょんほんの目が みるみるうちに涙目に…
ラブラブの秋田婚前旅行がフラッシュバック!
思い出に浸るヒマもなく 追っ手がやってきます。
カージャックして逃げるびょんほん、鬼気迫る表情 超かっちょええ~~!!
そして ハンドルを握りながらまたしても涙目。
あぁ これってデジャヴー…
父親の過去の悪事を知って 自らの「血」を呪うミンチョル@美日々16話(15話?←あやふや)
私のなかの い・びょんほん熱が再燃!?

思わず おととさんに「今日は よかったわ!」とメール報告(笑)

生きるか死ぬか 必死の表情と、恋人を一瞬で失った茫然自失の表情が交錯しながら
「これから どうなんねん?」な展開を期待させる約15分間、
初めて「IRIS」というドラマに入り込むことができました。

4話までの復習?MV↓ 3’00”あたりが涙目びょんほん炸裂!



でも冷静に考えてみれば、15分間ほとんどセリフなし…
あの 藤原竜也くんのお子さま声が聞こえなかったら これだけ惹きつけられるんだと。

いまのケチケチ日本のテレビ製作事情を考えたら うらやましいくらいのスケールの大きさ。
こんなん「西部警察」以来ちゃうん!?という感じです。
北と南の緊張なんて 日本ではあり得ないし、こういう設定がテレビドラマになること自体、
マンガ原作の軟弱ドラマばっかり作ってる日本のドラマ界では考えられない。
それなのに…
あれだけ大々的に宣伝しておいて、視聴率1ケタという結果は 何?!
原因はやっぱり ストーリーを台無しにしている吹き替えの違和感としか考えられない。

ついに、今朝の新聞に 大好きなライター島崎今日子さんのドラマ評が載りました。
永久保存版です。ぜひ読んでください。
私が言いたいこと、全部言ってくれてはります。

こちら
[PR]
by mayukw | 2010-05-13 10:23 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(20)

IRISのMV

遅ればせながら…(といっても ネット上でだけ遅れてるんだけど)
素敵だったので 貼っておきます。
久しぶりに いろんな表情見たな~あ016.gif
来年になったら 日本でも見られるそうです。楽しみ♪


[PR]
by mayukw | 2009-10-22 23:23 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(2)

THE GOOD,THE BAD,THE WEIRD 鑑賞記

見てきました~映画の日です!
なかなか日本公開されませんでした。
いや 今までが同時公開とか 恵まれすぎてたんだわ…普通 こんなもんよね。
久しぶりの韓国映画です。
c0073649_2234439.jpg

<あらすじ>
さまざまな民族・人種が入り乱れ複雑に変化する混沌とした時代。とある広大な荒野を疾走する大陸横断列車が三人の男に襲われた!三人の目的は、日本軍が残した「宝の地図」。
三人はお互いの正体も知らないまま、この一枚の宝の地図をめぐって、壮大な争奪戦を繰り広げる。
金のためなら手段を選ばない"賞金ハンター"のパク・ドウォン[グッド]、プライドが高くて常に一番でないと気が済まない"ギャングのボス"のパク・チャンイ[バッド]、雑草のような生命力を持った"間抜けなコソ泥"のユン・テグ[ウィアード]。彼らは互いの正体を知らないまま、地図を追い求め大陸を駆け回る…。さらに、宝の地図をめぐって日本軍まで加わり争奪戦が激化することに。
果たして宝物の正体は!? 地図を奪ってすべてを手にするのは誰なのか!?

公式HPより)

カンタンに感想(ネタバレあり)
[PR]
by mayukw | 2009-09-01 23:34 | ドラマ・映画 | Trackback(7) | Comments(15)

映画俳優 イ・ビョンホン

炎天下、市内の中央図書館に避暑に行ってきました。
チャリンコこぐこと 約20分…いや ほんまに暑かった!熱かった といってもいいわ。

到着後、家族はそれぞれお目当てのコーナーに解散~
私は本日 迷わず映画雑誌のコーナーへ。
次々と公開される ビョンホン出演作は、専門誌ではどんな風に紹介されてるんだろう…
ファンとしては気になるところ。
c0073649_217278.jpgキネマ旬報では 今月号、GIジョーについてインタビューが載ってました。
ちょっと前の号がカンタンに読めるのも 図書館の利点。
熱心なファンなら もうとっくに知っているだろう いろんな裏ネタも
作品を見てから知ると 新鮮に感じます。
ほぉ~そうやったんかぁ!あれは 自分からアイデア出したのねっ
監督は ビョンホンのそういうとこを認めてキャスティングしたんやぁ
などなど、納得できる情報が得られて満足満足。


公開前から あれやこれやと検索して情報得なくても、ちゃんとわかったからええんとちゃうの?
…と ひとり満足しております。
熱心なファンは キャスティングされたらすぐに その監督の作品を観ていろいろ勉強もされますけど、
私、なんにも観てません(笑)
GIジョーの監督が「ハムナプトラ」の監督ということも知らんかったぞな(汗)

観たところで びょんほんが出てるわけでなし~
出演した「結果」が観たいのよ。

で、キネマ旬報では 「I come with the rain」におけるビョンホンの役割や 監督の求めていたもの、
ジョシュや 木村拓哉の演技のことについて 専門家が分析している文章が すっと入ってきました。
自分なりの解釈を 拙い知識で書きとめてみたけど、大筋は合ってたんだなぁ…と。
c0073649_2050150.jpg
いつも上から下まで白づくめで ノンスタの石田くんみたいやねん(笑) @GIジョー

今月号のインタビューでは 記者は
「ふだん この手の映画に足を運ばない客層を引っ張ってくる動員力」
「キレのいいアクションで 今後もきっと ハリウッドの期待に応えるであろうアジア俳優」
などと 賞賛していました。
例の涙目(ネイルさん説によると びょんほん自己演出・笑)について言及はなし←あたりまえ?

そうそう、I come…のトラン・アン・ユン監督は はっきりと
「スターを使うことで 確実に動員できるという下心があった」と打ち明けていました。
それほど あの手のアート系映画はスポンサーが付かなくて 苦労してるんやね。

ええやん 人寄せパンダでも!
誰が出るか、で 映画館に観にいくかどうか 決めるんやから…
これぞ 俳優の本領発揮よ。
かつて 韓国映画界で「ビョンホンを使うと コケる」とまで言われていたこと…思い出した。
いまや アート系にもバリバリハリウッドにも 「人呼べる俳優」として認めてもらったんやね。
すばらしい…
ファンになって はや5年。
途中 いろんなとこに寄り道?してはったけど、世界に羽ばたいていってくれて うれしい。
そう、インタビューで こう言ってた。
「子どものとき 映画館にいることが 映画館の雰囲気が好きだった。
中学生のとき ジャッキー・チェンの『酔拳』を見て かっこいい!と思った。
僕を観て そんな子どもが出てきてくれたら 俳優としてこんなにうれしいことはない」


映画俳優 イ・ビョンホン ばんざぁ~いっ!

次は月末公開のGOOD,BAD,WEIRD(2008 韓国)
c0073649_20551656.jpg
これ 待ってまして~ん♪
2年前、私の誕生日に製作発表があってん!→2007年2月8日 Big Present!

今夏、ビョンホンを知った衝撃ドラマ(笑)「美しき日々」放映 5周年!
いやぁ 今年は ええ年やわぁ~~016.gif
[PR]
by mayukw | 2009-08-12 21:01 | 千の顔を持つ男 | Trackback | Comments(16)

GIジョー

c0073649_058533.jpg
今月の会員割引デーは家族で鑑賞。
私と夫は封切すぐの「GIジョー」へ、娘たちは「ボルト」。
隣同士のスクリーンでした。
GIジョーはハリポタやポケモンに大きなスクリーンを取られて120席の小スクリーン。
パッと見、40~50代カップルが多いように思えた…(自分の周りがそうだった)
女子がリカちゃん、男子はGIジョーのフィギュア世代なのでしょうか?

<あらすじ>
世界征服を企む悪の組織“コブラ”が、各地で活動を活発化させる1990年代。あらゆるものを破壊する威力を持つ最強兵器ナノマイトがコブラ一味の手に渡ってしまう。パリのエッフェル塔が破壊されるなど、コブラの脅威が世界各地を襲う中、アメリカ政府は世界各地の精鋭を集めた史上最強の国際機密部隊“G.I.ジョー”に願いを託す。


感想(ネタばれだけど 大丈夫)
[PR]
by mayukw | 2009-08-11 01:15 | ドラマ・映画 | Trackback(1) | Comments(9)

I come with the rain

レディースデーは明日ですが、映画館会員割引デーを利用して観に行ってきました。
近畿地方、今日から梅雨入り。
まさに "He has come with the rain"

会員割引対象者は 映画好きなお一人様男女が多く、男女比は半々。
ときどき いつでも1000円(笑)なお姉さま方。彼女らは必ずペア。
上映直前に駆け込んできた 3人組のママたちは
拓哉ファン?それとも ビョンホンファン?
先週の怒涛の宣伝活動が功を奏してか、平日の朝に30人は上出来!

c0073649_1812659.jpg

<あらすじ>
ある男が失踪した。手がかりは、名前と年齢、数枚の写真だけ。彼の名はシタオ。他人の痛みを身代わりとなって引き受けるという不思議な力を持つ。彼の父の依頼により、元刑事の探偵クラインは、シタオ捜索の旅に出る。シタオの足跡を辿り、LAからフィリピン、そして香港へと辿り着くクライン。そこで刑事時代の仲間メン・ジーと共に突き止めたのは、シタオがリリという女性と一緒にいるということ。そして、リリを溺愛し、追い求め続ける香港マフィアのボス、ス・ドンボもまた、シタオを探しているということだった…。香港マフィアと警察の抗争、壮絶な逃走劇に巻き込まれながら捜索を続けるクラインは、遂にシタオとの対面を果たす。だが、その時彼の目に映ったシタオの姿とは…。(作品資料より)

ネタばれ感想は More に書きますが とりあえず ひとこと感想を。

木村拓哉 および SMAPファンのみなさまへ。
もしくは 一般的なテレビドラマファンのみなさまへ。

「HERO」のような映画を期待して行ってはいけません。
これはふだんテレビで見ている「キムタク」ではなく、
俳優 TAKUYA KIMURA が 体当たりで演じている作品です。
こんな役もやればできるのに 日本ではやらせてもらえないジレンマを感じながら観ましょう。

イ・ビョンホンファンのみなさまへ。

合格!ですvv
私が前作「夏物語」をこきおろしたのは いつだったか…(苦笑)
こんな ビョンホンが観たかった。
冷酷で 自己中で 怖いものなどなくて…でも なぜか 女なしに生きられない。
彼ならではの繊細な演技は 計算なし?
いや 計算ありでしょうが そう見えないとこが、イ・ビョンホン。
べた褒め? たまには いいでしょ(笑)

映画鑑賞が趣味のみなさまへ。

この映画、どうでしょう…? カンヌとかベネチア、狙えるでしょうか?
ちゃんとスジは通っていました。
木村拓哉、がんばってます。俳優として認めてあげてください。

映画作品としての感想は

「しんどい」(笑)
何回も観たい映画ではありません。
それから、「ダ・ヴィンチコード」「天使と悪魔」を観たときと同じ感想…キリスト教の根本的な理解が必要だと思います。逆にいうと、勉強になる かな。

ここからは ネタばれです。
[PR]
by mayukw | 2009-06-09 17:37 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(13)

確認

久しぶりに最新画像よ~と
mitukiさんから携帯に写メが来た。
それには大した反応もしなかった…ふぅ~ん…フツウやねぇ…

今朝はPCを立ち上げて エキブロのトップページから
めずらしく「友だちの最新記事」RSSをチェック。
あいかわらず、うさるなさんがマメに記事を更新してる。
「公式サイトリニューアル」の記事に目がとまり
ふぅ~~ん…あの FC会員以外には あまり魅力ないサイト(小声)がねぇ…
「とにかく 飛んでみて!」という うさるなさんの熱いおススメにより ポチしてみた。

わははっ

久しぶりに やられた(笑)

よかった~ まだ 好きやった。 ←確認

なに?3種類あるの? どうやってみるの?

とにかく 今のがええわ~真っ白なやつです。
この目に弱い。最初から。

…あ、のぞいてくれてるフツウのお友だち、こんなこと書いてもわからんよねぇ~
イ・ビョンホンさんのことです。
ファンやねん、知ってるよね? ←確認(笑)

前にも書いたけど(2008年8月28日)
まだ 松山ケンイチくんに いちいち反応してしまう。
ロッテのチョコのCM
ドコモのCM←横顔そっくり
見間違えますがな!
前回、「全然似てな~いっ」と言われたみなさま
どやさ~~?
[PR]
by mayukw | 2008-12-19 09:10 | 千の顔を持つ男 | Trackback | Comments(23)


vocal&pianoユニットMère(メール)のピアノ弾き。 私のお気に入りをちょこちょこと書き綴る日記です。


by mayukw

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

最新のコメント

> あやさん はじめま..
by mayukw at 11:52
はじめまして>__
by あや at 21:56
>ゆうさん この記事は..
by mayukw at 00:32
イッツアスモールワールド..
by ゆう at 12:09
ホームステイの受け入れは..
by 1go1ex at 16:20

最新の記事

この1年の近況報告
at 2016-06-02 17:44
Mother's day
at 2016-05-08 20:50
リフォームのこだわり その②
at 2015-04-07 22:49
リフォームのこだわり その①
at 2015-03-28 00:47
旅立ち
at 2015-03-07 00:09

記事ランキング

カテゴリ

とっかかり
徒然草(日記)
おでかけ日記
ドラマ・映画
テレビ
ことば
音楽
絵本
本・コミック
舞台
おいしいもの
手作り
千の顔を持つ男
美日々であそぼ
美しき日々 年表
キャプテンが天職の男
掲示板
プロフィール
コメントデビューの方へ

タグ

(235)
(206)
(108)
(100)
(99)
(94)
(82)
(77)
(69)
(59)
(43)
(39)
(38)
(37)
(33)
(33)
(32)
(29)
(26)
(24)

以前の記事

2016年 06月
2016年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
more...

お気に入りブログ

ぐうたら主婦のつぶやき
**ぞっこん ビョンホン...
メルと歩けば
魅惑のパオ★パオルーム
asa92's bird...
和、輪、話
LUNAママのぷれしゃす
More Than Words
arbre*blog
一枚の し・...
putti's room...
京都西京区桂の雑貨店おや...
Florence*non...
Double*Mのフタリゴト
まりのシネマブックストーリー2
雑貨ハイジ堂
日々の散財
ウレシイ♪ タノシイ♪ ...
手作りぱんと雑貨のtec...
easygoing
かふぇ どま 悠々
ちくちく 高槻市天神町...
優子のつぼ
Happy HanaDay
Special Than...

link(エキサイト以外)

最新のトラックバック

往年の名作ドラマを201..
from dezire_photo &..
清洲会議
from たまりんの気ままなPC日記
【ネタバレあり】「エイト..
from 働く人々~シブトクつよく明る..

検索

ファン

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧