タグ:洋画 ( 33 ) タグの人気記事

レ・ミゼラブル(2012年映画)

c0073649_1743598.jpg
作品名レ・ミゼラブル
監督名トム・フーパー
評価(星5つ)
このミュージカルが大好きです!
前に記事も書いてます→こちら

どんなふうに映画にするのかなー
もちろん歌は吹き替えやんなー
…と思ってたら
なんと!口パクなしの生歌声で撮ってるらしいと聞き、いてもたってもいられなくなりました。
レディースデーの朝一番、大スクリーンはほぼ満席。
これでアカデミー取ったらもっと入るんちゃう?



ちょいネタバレ感想
[PR]
by mayukw | 2013-01-21 23:21 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(10)

最近観た映画&DVD かんたんレビュー

アメイジング・スパイダーマン

先週 映画館で観ました。
一言でいいます。面白い!
前のシリーズ(トビー・マクワイア版)を観てないからかもしれないけど
ハリウッド映画のダイナミックさとか ストーリーのわかりやすさとかを純粋に楽しめました。
久しぶりに 次も観たいと思ったシリーズ第1作だったな。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を観た時の感動に似ています。>どんだけ前やねん…
ムスメ2人は ほぼ初めての字幕鑑賞で
「知ってる英語がいろいろ出てきたv」と言って喜んでいました。
生きてる英語の一番の教材やね。

まほろ駅前多田便利軒

先に原作を読みました。
主人公2人の顔を 最初から瑛太と松田龍平を浮かべて読んでいたので
さっそく映画を観たくなりました。
2人の空気感が なんともいえない映画。
2人はプライベートでも仲が良くて
映画公開のころの二人の対談で 役を交替してもおもしろかったね と言ってたんですが
それも観てみたいな~
でも 今度、続編がテレビ東京で連ドラになります。そのままの役柄で。
ちょっと期待♪

モテキ

映画館で観損ねてしまった作品。
サイズ的にはDVDでもよかったかな…もともと連ドラだし。
これはもう、「ボーイズ・オン・ザ・ラン」と比べずにはいれませんでした。
ジャニーズ的には まずこっちだろう!!と思ったなぁ~
だって 森山未來くん、同じくブサイクなんだけど(失礼!)
キスシーンはいっぱいあるし(それも結構ディープ)
ミュージカル風に踊るし 歌うし
ドキドキ感が満載。おいしい役ですわ~
主人公がひとりの女子に対して一途なのはボーイズと一緒。
その女子の長澤まさみ…最初はおっ!?と思ったんだけど
だんだん…あ~あ…な感じで…なんでこのコ、いつもこんなんかなぁ?
ストーリー展開の最初の勢いがとってもいいだけに
ラスト近く、このまさみちゃんのせいで 残念な感じ。
未來くんは 期待通り。

孤高のメス

第34回日本アカデミー賞
優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、最優秀主演男優賞、最優秀助演女優賞 受賞。
映画賞総ナメ、わかるわ~
非の打ちどころのない映画でした。
私がとやかく言う作品じゃないな~とにかく観てみて。
ラストのさりげなさがたまらない。
私が言えるとしたら…
堤真一、やっぱり好き!(笑)

とりあえず こんなとこです…。

これから観たい映画は

ヘルタースケルター
きっと思ってたより…な映画なんだろうと予測。

エイトレンジャー
これは…最低3回は観る予定。
エイトが出てること以上に、堤幸彦監督のパロディネタも楽しみ。>「TRICK」大好きだった人

夢売るふたり
監督に注目。(西川美和監督。「ゆれる」「ディア・ドクター」)

ひみつのアッコちゃん
ムスメたちが絶対観ると言ってる(笑)
綾瀬はるかと岡田将生、「プリンセス・トヨトミ」コンビ…まぁ 見目うるわしくていいかも。

天地明察
囲碁棋士の話だと思い込んでいたら、江戸の天文学者の話だった!(主人公は囲碁棋士でもある)
これは観なくてはっ
[PR]
by mayukw | 2012-07-17 13:15 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(2)

Alice in Wonderland

c0073649_22512775.jpg
なんと、今年1本目の映画館鑑賞!
半年くらい映画観てませんでした…f(^_^;)
子ども達が絶対観たい!というので 公開初日に家族そろってシネコンへ。
開始1時間前で 前から3列目しか空いてませんでした。
3-Dなのに大丈夫なのか!?

<あらすじ>
白ウサギと遭遇したことによって不思議の国へと迷い込んだアリス。そこは、美しくもグロテスクなファンタジーワールドで、トゥィードルダムとトゥィードルディーや、赤の女王とその妹で慈悲深い白い女王たちに出会う。


かる~い感想(ネタばれあり)
[PR]
by mayukw | 2010-04-19 23:12 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(6)

c0073649_1451414.jpg
見たいと思ったきっかけは もちろん、フィギュアスケート高橋選手のフリー演技。
前にも書いたとおり、映画「道」については小学生の頃から知っていました。
卒業記念オルゴールの曲の選択肢にあったこと、そして家にあった映画音楽集?のLPレコード。
1曲ずつどんな映画なのか解説がついていて、主題曲は「ジェルソミーナ」だということも覚えていました。
このレコードはまだあるのかなぁ…ほかに「タラのテーマ」とかも入ってたなぁ。
映画を見てみたいと思ったのは 何年か前からだけど、
どよーんとした暗さのスチール写真に ちょっと尻込みして
なかなかレンタルに手を出せずにいました。

このたび、「テレビ大好き」のゆかりんさんが
隣駅のレンタルショップにまで借りに行って見た感想を拝見したり
借りた本に偶然この映画のことが書いてあったりして
やはり これは見なければ…!と。
遅ればせながら 先週ようやく見たけど、すぐに感想をまとめられませんでした。
じっくりゆっくり 想いを熟成させたい、それほど心に残る映画です。
未見の方はぜひ。DVDはこちら

ネタばれ 感想
[PR]
by mayukw | 2010-03-26 15:50 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(8)

自慢の後輩です♪

c0073649_14355652.jpg
高橋くんの演技が終わるまで目が離せなくて、次女の参観に少し遅刻してしまった…042.gif
実を言うと、今シーズンの彼のフリー演技を全部通して見たことがなかったんです。
ニュースなどであとで流れる映像はハイライトの部分ばかりでしょう?
フィギュアスケートのフリープログラムは4分半全部でストーリーになっているというのに。
特に今回、高橋くんのフリーはフェリーニの「道」という映画になぞらえていて
とてもドラマチックだというじゃないですか。
だから全部通して見てみたかった!

c0073649_1439495.jpg無知で粗暴な大道芸人が ちょっと足りない女の子に恋をするのよね?
女の子の名前はたしか、「ジェルソミーナ」。演じていた女優はフェリーニ監督の妻だったと思います。
主題歌「ジェルソミーナ」 この曲を初めて聞いたのは30年前。
小学校卒業記念のオルゴールに入れる曲の候補、映画主題歌やスタンダードの名曲のなかのひとつでし
た。
この曲を選んだんだかどうだったか忘れてしまった(そのオルゴールも今いずこ?)けど、映画見てもいないのにメロディだけ妙に心に残った曲がほかにもいくつかありました。
もうすぐ卒業の長女も同じようにオルゴールの曲を選んでいましたが、いまどきは誰もが知ってる嵐やGReeeeNなどJ-POPの曲ばかりで、往年の名曲に触れる機会はそうそうないようです。
だから、フィギュアスケートで使われる曲などに興味持ってほしいなぁ…と思います。
トリノの荒川さん金メダルのとき、オペラの曲やYou Raise Me Upのようにふだん小学生が聞きなれないジャンルの曲がブームになったように、高橋くんの「道」がまた注目されればいいな。
c0073649_14572951.jpg
それにしても聞きしに及ぶ高橋くんの演技力、ほんとうにすごかったなぁ。
4回転ジャンプの失敗なんて すっかり忘れてしまうほどの出来でした。
冒頭、何かにつまづいておっとっと…っという振りが入っているのは、朝起きてきた大道芸人が床に寝転がっていたジェルソミーナにつまづいた、という設定なんだそうです。
途中の綱わたりの振りもよかったし、顔の表情がだんだん和らいでいくところまで 細かいなぁ…と感心しました♪
ジャンプばかりが取りざたされるフィギュアですが、私は前からこういうドラマチックなスケートをする人が好きです。(トリノでは村主さんを応援してました)
だから 女子も真央ちゃんよりもついついキムヨナちゃんに軍配をあげてしまいます。

c0073649_1543660.jpg
昨日は気の毒で見てられなかった織田くんですが、今日の3人そろっての記者会見はこの笑顔。
よかったぁ~016.gifこの希少な経験を次に生かしてほしいですね。
本番、それも4年に一度のオリンピックでアクシデントに見舞われた…なんて もうほかに怖いものないんちゃう?
プレッシャーに強い選手になりそうな気がします。
ふたりとも 大学の後輩です。
最近、なんでも強いんです。昨年末のアメフトなんか「学」抜けてるんちゃうの?と目を疑いました(失礼!)
オリンピックに出るなんて私が通っていたころは考えられなかった。
ゼミの先生も高橋くん&織田くんが授業に出てたって年賀状に書いてはりました(笑)
これを機にちょっとは寄付しようかしらん…と思ってるミーハー卒業生は私だけじゃないはず。
そんな気にさせるだけでも スケートにお金かけた甲斐あったやん 関大!?
[PR]
by mayukw | 2010-02-20 15:26 | テレビ | Trackback | Comments(13)

2009年 鑑賞映画

いつもは年末に振り返っていたのに 遅ればせながら、です。
昨年、ヒマをもてあましていたにも関わらず、映画館に行ったのは たったの11回!
忙しかった一昨年でも12回行ってたのに…
「いつでも行ける」と思ったら 案外行かないものなんですよね。
子どもの帰宅時間に制限されたり、ほかに用事が詰まってるときのほうが
これだけは観に行っとかなくちゃ!という気で実行するものです。

映画館で見たのは(レビュー書いたものはリンクしています)

旭山動物園物語

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

●レッドクリフ Ⅱ~未来への最終決戦(レビューなし)

鴨川ホルモー

天使と悪魔

アイ カム ウィズ ザ レイン

ディア・ドクター

G・Iジョー

グッド・バッド・ウィアード

カムイ外伝

THIS IS IT

映画館鑑賞復帰(2005年)後初!洋画が一番多かったです。
うち2本はイ・ビョンホン出演作ですね~いやあ 出世しはったわ!
邦画は見たいものもあったのに、のんびりしてるとすぐ上映終了になっちゃった。

このなかでのベストは…
総合点ではベンジャミン・バトンかな?
楽しめたのは グッド・バッド・ウィアード。これはもう、ファンですから(笑)
内容がよかったのは ディア・ドクター。
特別賞として THIS IS IT。

映画館には行かなかったけど、家でDVDをたくさん観ました。
ハワイからの帰国便でデス・ノートを見て以来、松山ケンイチくんに嵌りました。

●DEATH NOTE
●DEATH NOTE ~The Last Name~
●L Change The World
●人のセックスを笑うな
●神童
●デトロイト・メタル・シティ
●NANA
どれもオススメです。
どれを観ても 全部違う松ケンです。
こういう役者が好きなんですよね。
デトロイト~は もう、のけぞっちゃうくらい バカバカしくて(笑)
180度違う2つの顔を演じ分ける松ケンを見るだけで 価値あり。

このほかに観たのは邦画ばっかりですが
●おくりびと
●容疑者Xの献身
●ホームレス中学生
「容疑者X~」は 原作も読みました。
堤真一 絶品ですね…福山雅治の存在はすっかり忘れてましたf(^_^;)
おくりびと?
う~む…素材がよかった…のでは。

今年はもうちょっと映画観に行こうっと!
[PR]
by mayukw | 2010-01-08 15:59 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(13)

THIS IS IT

c0073649_2264261.jpg
11月の映画の日は 話題のマイケル遺作を鑑賞。
お昼一番の回、30分前に行くとすでに満席状態、真ん中は取れませんでした。
この時点ではまだ 上映延長が決まってませんでした。
今日、2週間の延長が決定!
うん、たくさんの人に見てほしいわ…
マイケル・ジャクソンという人を あまりよく知らない人、
晩年のスキャンダル報道で 誤解をしてた人は ぜひ見てほしいな。

…そういう私こそ、誤解してた人でしたf(^_^;)

公式サイト

感想
[PR]
by mayukw | 2009-11-03 00:26 | ドラマ・映画 | Comments(8)

映画俳優 イ・ビョンホン

炎天下、市内の中央図書館に避暑に行ってきました。
チャリンコこぐこと 約20分…いや ほんまに暑かった!熱かった といってもいいわ。

到着後、家族はそれぞれお目当てのコーナーに解散~
私は本日 迷わず映画雑誌のコーナーへ。
次々と公開される ビョンホン出演作は、専門誌ではどんな風に紹介されてるんだろう…
ファンとしては気になるところ。
c0073649_217278.jpgキネマ旬報では 今月号、GIジョーについてインタビューが載ってました。
ちょっと前の号がカンタンに読めるのも 図書館の利点。
熱心なファンなら もうとっくに知っているだろう いろんな裏ネタも
作品を見てから知ると 新鮮に感じます。
ほぉ~そうやったんかぁ!あれは 自分からアイデア出したのねっ
監督は ビョンホンのそういうとこを認めてキャスティングしたんやぁ
などなど、納得できる情報が得られて満足満足。


公開前から あれやこれやと検索して情報得なくても、ちゃんとわかったからええんとちゃうの?
…と ひとり満足しております。
熱心なファンは キャスティングされたらすぐに その監督の作品を観ていろいろ勉強もされますけど、
私、なんにも観てません(笑)
GIジョーの監督が「ハムナプトラ」の監督ということも知らんかったぞな(汗)

観たところで びょんほんが出てるわけでなし~
出演した「結果」が観たいのよ。

で、キネマ旬報では 「I come with the rain」におけるビョンホンの役割や 監督の求めていたもの、
ジョシュや 木村拓哉の演技のことについて 専門家が分析している文章が すっと入ってきました。
自分なりの解釈を 拙い知識で書きとめてみたけど、大筋は合ってたんだなぁ…と。
c0073649_2050150.jpg
いつも上から下まで白づくめで ノンスタの石田くんみたいやねん(笑) @GIジョー

今月号のインタビューでは 記者は
「ふだん この手の映画に足を運ばない客層を引っ張ってくる動員力」
「キレのいいアクションで 今後もきっと ハリウッドの期待に応えるであろうアジア俳優」
などと 賞賛していました。
例の涙目(ネイルさん説によると びょんほん自己演出・笑)について言及はなし←あたりまえ?

そうそう、I come…のトラン・アン・ユン監督は はっきりと
「スターを使うことで 確実に動員できるという下心があった」と打ち明けていました。
それほど あの手のアート系映画はスポンサーが付かなくて 苦労してるんやね。

ええやん 人寄せパンダでも!
誰が出るか、で 映画館に観にいくかどうか 決めるんやから…
これぞ 俳優の本領発揮よ。
かつて 韓国映画界で「ビョンホンを使うと コケる」とまで言われていたこと…思い出した。
いまや アート系にもバリバリハリウッドにも 「人呼べる俳優」として認めてもらったんやね。
すばらしい…
ファンになって はや5年。
途中 いろんなとこに寄り道?してはったけど、世界に羽ばたいていってくれて うれしい。
そう、インタビューで こう言ってた。
「子どものとき 映画館にいることが 映画館の雰囲気が好きだった。
中学生のとき ジャッキー・チェンの『酔拳』を見て かっこいい!と思った。
僕を観て そんな子どもが出てきてくれたら 俳優としてこんなにうれしいことはない」


映画俳優 イ・ビョンホン ばんざぁ~いっ!

次は月末公開のGOOD,BAD,WEIRD(2008 韓国)
c0073649_20551656.jpg
これ 待ってまして~ん♪
2年前、私の誕生日に製作発表があってん!→2007年2月8日 Big Present!

今夏、ビョンホンを知った衝撃ドラマ(笑)「美しき日々」放映 5周年!
いやぁ 今年は ええ年やわぁ~~016.gif
[PR]
by mayukw | 2009-08-12 21:01 | 千の顔を持つ男 | Trackback | Comments(16)

GIジョー

c0073649_058533.jpg
今月の会員割引デーは家族で鑑賞。
私と夫は封切すぐの「GIジョー」へ、娘たちは「ボルト」。
隣同士のスクリーンでした。
GIジョーはハリポタやポケモンに大きなスクリーンを取られて120席の小スクリーン。
パッと見、40~50代カップルが多いように思えた…(自分の周りがそうだった)
女子がリカちゃん、男子はGIジョーのフィギュア世代なのでしょうか?

<あらすじ>
世界征服を企む悪の組織“コブラ”が、各地で活動を活発化させる1990年代。あらゆるものを破壊する威力を持つ最強兵器ナノマイトがコブラ一味の手に渡ってしまう。パリのエッフェル塔が破壊されるなど、コブラの脅威が世界各地を襲う中、アメリカ政府は世界各地の精鋭を集めた史上最強の国際機密部隊“G.I.ジョー”に願いを託す。


感想(ネタばれだけど 大丈夫)
[PR]
by mayukw | 2009-08-11 01:15 | ドラマ・映画 | Trackback(1) | Comments(9)

I come with the rain

レディースデーは明日ですが、映画館会員割引デーを利用して観に行ってきました。
近畿地方、今日から梅雨入り。
まさに "He has come with the rain"

会員割引対象者は 映画好きなお一人様男女が多く、男女比は半々。
ときどき いつでも1000円(笑)なお姉さま方。彼女らは必ずペア。
上映直前に駆け込んできた 3人組のママたちは
拓哉ファン?それとも ビョンホンファン?
先週の怒涛の宣伝活動が功を奏してか、平日の朝に30人は上出来!

c0073649_1812659.jpg

<あらすじ>
ある男が失踪した。手がかりは、名前と年齢、数枚の写真だけ。彼の名はシタオ。他人の痛みを身代わりとなって引き受けるという不思議な力を持つ。彼の父の依頼により、元刑事の探偵クラインは、シタオ捜索の旅に出る。シタオの足跡を辿り、LAからフィリピン、そして香港へと辿り着くクライン。そこで刑事時代の仲間メン・ジーと共に突き止めたのは、シタオがリリという女性と一緒にいるということ。そして、リリを溺愛し、追い求め続ける香港マフィアのボス、ス・ドンボもまた、シタオを探しているということだった…。香港マフィアと警察の抗争、壮絶な逃走劇に巻き込まれながら捜索を続けるクラインは、遂にシタオとの対面を果たす。だが、その時彼の目に映ったシタオの姿とは…。(作品資料より)

ネタばれ感想は More に書きますが とりあえず ひとこと感想を。

木村拓哉 および SMAPファンのみなさまへ。
もしくは 一般的なテレビドラマファンのみなさまへ。

「HERO」のような映画を期待して行ってはいけません。
これはふだんテレビで見ている「キムタク」ではなく、
俳優 TAKUYA KIMURA が 体当たりで演じている作品です。
こんな役もやればできるのに 日本ではやらせてもらえないジレンマを感じながら観ましょう。

イ・ビョンホンファンのみなさまへ。

合格!ですvv
私が前作「夏物語」をこきおろしたのは いつだったか…(苦笑)
こんな ビョンホンが観たかった。
冷酷で 自己中で 怖いものなどなくて…でも なぜか 女なしに生きられない。
彼ならではの繊細な演技は 計算なし?
いや 計算ありでしょうが そう見えないとこが、イ・ビョンホン。
べた褒め? たまには いいでしょ(笑)

映画鑑賞が趣味のみなさまへ。

この映画、どうでしょう…? カンヌとかベネチア、狙えるでしょうか?
ちゃんとスジは通っていました。
木村拓哉、がんばってます。俳優として認めてあげてください。

映画作品としての感想は

「しんどい」(笑)
何回も観たい映画ではありません。
それから、「ダ・ヴィンチコード」「天使と悪魔」を観たときと同じ感想…キリスト教の根本的な理解が必要だと思います。逆にいうと、勉強になる かな。

ここからは ネタばれです。
[PR]
by mayukw | 2009-06-09 17:37 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(13)


vocal&pianoユニットMère(メール)のピアノ弾き。 私のお気に入りをちょこちょこと書き綴る日記です。


by mayukw

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ

最新のコメント

> あやさん はじめま..
by mayukw at 11:52
はじめまして>__
by あや at 21:56
>ゆうさん この記事は..
by mayukw at 00:32
イッツアスモールワールド..
by ゆう at 12:09
ホームステイの受け入れは..
by 1go1ex at 16:20

最新の記事

この1年の近況報告
at 2016-06-02 17:44
Mother's day
at 2016-05-08 20:50
リフォームのこだわり その②
at 2015-04-07 22:49
リフォームのこだわり その①
at 2015-03-28 00:47
旅立ち
at 2015-03-07 00:09

記事ランキング

カテゴリ

とっかかり
徒然草(日記)
おでかけ日記
ドラマ・映画
テレビ
ことば
音楽
絵本
本・コミック
舞台
おいしいもの
手作り
千の顔を持つ男
美日々であそぼ
美しき日々 年表
キャプテンが天職の男
掲示板
プロフィール
コメントデビューの方へ

タグ

(235)
(206)
(108)
(100)
(99)
(94)
(82)
(77)
(69)
(59)
(43)
(39)
(38)
(37)
(33)
(33)
(32)
(29)
(26)
(24)

以前の記事

2016年 06月
2016年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
more...

お気に入りブログ

ぐうたら主婦のつぶやき
**ぞっこん ビョンホン...
メルと歩けば
魅惑のパオ★パオルーム
asa92's bird...
和、輪、話
LUNAママのぷれしゃす
More Than Words
arbre*blog
一枚の し・...
putti's room...
京都西京区桂の雑貨店おや...
Florence*non...
Double*Mのフタリゴト
まりのシネマブックストーリー2
雑貨ハイジ堂
日々の散財
ウレシイ♪ タノシイ♪ ...
手作りぱんと雑貨のtec...
easygoing
かふぇ どま 悠々
ちくちく 高槻市天神町...
優子のつぼ
Happy HanaDay
Special Than...

link(エキサイト以外)

最新のトラックバック

往年の名作ドラマを201..
from dezire_photo &..
清洲会議
from たまりんの気ままなPC日記
【ネタバレあり】「エイト..
from 働く人々~シブトクつよく明る..

検索

ファン

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧